提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

よくあるご質問(pick up!)


稲作

田植え機(側条肥散布型)での一発肥は表面に散布しますが、通常の田植え機で田植え後に肥料を散布する方法とでは、違いがあるのでしょうか。

田植機の側条施肥は、イネの株横約3cm、深さ3~5cmの箇所に、すじ状に埋め込んでいきます。
肥料がイネの株元近くにあることで効率的に吸収されるとともに、水中や空気中への拡散が少なくなり、土の表面に施肥するより約2割の量が削減できる施肥法として、環境にもやさしく、低コストにもなります。
また、一発型の緩効性肥料を田植と同時に施肥することで、元肥や追肥の労力的な省力化が図れる技術として、多くの稲作農業者で普及してきています。