提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

コラム


写真もしくは名前をクリックすると、その執筆者のコラム一覧がご覧になれます。
執筆者一覧は、こちらから。

きょうも田畑でムシ話【59】

2018年02月14日

甘やかしすぎたツケ?――ガガンボ   プチ生物研究家 谷本雄治     毎年のことだが、野菜づくりではこの時期がいちばん苦手だ。  寒いのはがまんできる。厚着をすればいいし、暖かい部屋にいれば済む。問題は、春に向けて菜園の手入れや作付けの準 … 全文を読む>>

たにもと ゆうじ

プチ生物研究家・作家。 週末になると田畑や雑木林の周辺に出没し、てのひらサイズのムシたちとの対話を試みている。主な著書に『週末ナチュラリストのすすめ』『ご近所のムシがおもしろい!』など。自由研究もどきの飼育・観察をもとにした、児童向け作品も多い。

果物と糖尿病予防(5)

2018年02月12日

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ流通利用・機能性ユニット長 杉浦 実 三ヶ日町研究からわかったこと:糖尿病発症リスクとの関係  前回のコラムにおいて、ミカンで有名な三ヶ日町の住民を … 全文を読む>>

すぎうら みのる

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ流通利用・機能性ユニット長

ぐるり農政【130】

2018年01月26日

「猫の目農政」を考える ジャーナリスト 村田 泰夫  日本の農政は「猫の目農政」と言われてきた。猫のひとみは光によって形が変わるから、ころころ変わる日本農政をからかった言い方である。でも最近は、あまり聞かない。食管法の下で減反政策がおこなわ … 全文を読む>>

むらた やすお

朝日新聞記者として経済政策や農業問題を担当後、論説委員、編集委員。定年退職後、農林漁業金融公庫理事、明治大学客員教授(農学部食料環境政策学科)を歴任。現在は「農」と「食」と「環境」問題に取り組むジャーナリスト。

果物と糖尿病予防(4)

2018年01月19日

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ流通利用・機能性ユニット長 杉浦 実 三ヶ日町研究からわかったこと:インスリン抵抗性との関係  本シリーズの「β-クリプトキサンチンを機能性成分とす … 全文を読む>>

すぎうら みのる

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ流通利用・機能性ユニット長

「野菜ソムリエ」の元気を作るおいしい食卓【49】

2018年01月15日

「国産小麦で春餅(チュンピン)」料理教室 野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター 田代由紀子     全国各地で生産されている国産小麦。昨年2017年は前年の生産を上回り、増加傾向にあるようです。栽培に手間がかからず、高齢化の進む農家でも … 全文を読む>>

たしろ ゆきこ

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター。「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜についてのコラム執筆、セミナー開催、レシピ考案などを行っている。ブログ「最近みつけた、美味しいコト。。。」で日々の食事メニューを発信中。