提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

コラム


写真もしくは名前をクリックすると、その執筆者のコラム一覧がご覧になれます。
執筆者一覧は、こちらから。

「野菜ソムリエ」の元気を作るおいしい食卓【80】

2020年09月17日

自宅にいながら畑見学 ZOOMセミナー【畑のごちそう1.2.3】 野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター 田代由紀子     最近は仕事や学習、スポーツなどの娯楽まで、さまざまなことがオンラインで行われていますが、自宅にいながら畑を見学で … 全文を読む>>

たしろ ゆきこ

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター。「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜についてのコラム執筆、セミナー開催、レシピ考案などを行っている。ブログ「最近みつけた、美味しいコト。。。」で日々の食事メニューを発信中。

きょうも田畑でムシ話【90】

2020年09月08日

モグラ――地下帝国の覇王   プチ生物研究家 谷本雄治     「また、モグラに根っこをかじられちまってよお」  そんな話を幾度か耳にした。ニンジンやダイコン、サツマイモがかじられたというのである。  「証拠だって、あんだぞ」  写真を見せ … 全文を読む>>

たにもと ゆうじ

プチ生物研究家・作家。 週末になると田畑や雑木林の周辺に出没し、てのひらサイズのムシたちとの対話を試みている。主な著書に『週末ナチュラリストのすすめ』『ご近所のムシがおもしろい!』など。自由研究もどきの飼育・観察をもとにした、児童向け作品も多い。

農業でうまくいく人いかない人【5】

2020年09月02日

「価格の付けられる農業へ」   農業生産法人グリンリーフ(株)、(株)野菜くらぶ 代表取締役 澤浦彰治    農産物には定価がない  農業を行う中で、何度も壁にぶつかった。見方を変えれば、それは経営の転換期でもあった。特に、私が24歳くらい … 全文を読む>>

さわうら しょうじ

群馬県利根郡昭和村で農家の長男として生まれる。群馬県畜産試験場研修課程を終了後に就農。「野菜くらぶ」、グリンリーフ(有)設立に携わる。第47回農林水産祭において天皇杯を受賞。農業生産法人グリンリーフ(株)代表取締役、(株)野菜くらぶ代表取締役。(株)サングレイス代表取締役会長。

ときとき普及【26】

2020年08月28日

農業者NOW(その3) やまがた農業支援センター 阿部 清     優秀な農業経営者は条件不利地に居住する場合が多い、と感じていたことがあった。  農業に法人化の機運がまだ生じていなかった頃の話である。不利な条件を活かす、不利な条件を克服す … 全文を読む>>

あべ きよし

昭和30年山形県金山町の農山村生まれ、同地域育ちで在住。昭和53年山形県入庁、最上総合支庁長、農林水産部技術戦略監、同生産技術課長等を歴任。普及員や研究員として野菜、山菜、花きの産地育成と研究開発の他、米政策や農業、内水面、林業振興業務等の行政に従事。平成28年3月退職。公益財団法人やまがた農業支援センター専務理事(平成30年8月現在)。主な著書に「クサソテツ」、「野ブキ・フキノトウ」(ともに農文協)等。

ぐるり農政【161】

2020年08月24日

農協への評価と不満 ジャーナリスト 村田 泰夫    「自己改革8割超が評価」。7月30日の日本農業新聞の1面トップに、大きな見出しが躍った。「農協の機関紙だから、都合のいい記事を載せたのだろう」などと、ひねたことを言ってはいけない。ほぼす … 全文を読む>>

むらた やすお

朝日新聞記者として経済政策や農業問題を担当後、論説委員、編集委員。定年退職後、農林漁業金融公庫理事、明治大学客員教授(農学部食料環境政策学科)を歴任。現在は「農」と「食」と「環境」問題に取り組むジャーナリスト。