提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

コラム


コラム:2020年04月


ときとき普及【22】

2020年04月28日

普及の日常(その2) やまがた農業支援センター 阿部 清     普及員の移動手段は昔も今も公用車。若い普及員時代は、一日に200kmを移動することがあった。それだけ管内が広域だったこともある。職員同士でタクシードライバー並みだと慰めあった … 全文を読む>>

あべ きよし

昭和30年山形県金山町の農山村生まれ、同地域育ちで在住。昭和53年山形県入庁、最上総合支庁長、農林水産部技術戦略監、同生産技術課長等を歴任。普及員や研究員として野菜、山菜、花きの産地育成と研究開発の他、米政策や農業、内水面、林業振興業務等の行政に従事。平成28年3月退職。公益財団法人やまがた農業支援センター副理事長(令和4年4月現在)。主な著書に「クサソテツ」、「野ブキ・フキノトウ」(ともに農文協)等。

ぐるり農政【157】

2020年04月22日

もう一つのパンデミック「蝗害」 ジャーナリスト 村田 泰夫    新型コロナウイルスの世界的な大流行(パンデミック)で、十数万人を超える死者を出しているが、同じ時期に、もう一つのパンデミックがアフリカから中東、アジアで発生している。バッタの … 全文を読む>>

むらた やすお

朝日新聞記者として経済政策や農業問題を担当後、論説委員、編集委員。定年退職後、農林漁業金融公庫理事、明治大学客員教授(農学部食料環境政策学科)を歴任。現在は「農」と「食」と「環境」問題に取り組むジャーナリスト。

「野菜ソムリエ」の元気を作るおいしい食卓【76】

2020年04月17日

ベランダ菜園始めました 野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター 田代由紀子     新型コロナウイルスの感染拡大が続き、各地の自治体が不要不急の外出自粛を呼びかけています。幸い、日常の生活に必要な食品や日用品は購入ができますし、人との接触 … 全文を読む>>

たしろ ゆきこ

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター。「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜についてのコラム執筆、セミナー開催、レシピ考案などを行っている。ブログ「最近みつけた、美味しいコト。。。」で日々の食事メニューを発信中。

きょうも田畑でムシ話【85】

2020年04月10日

ヨコバイ――ジュースが好きなはにかみ屋   プチ生物研究家 谷本雄治     修験者が一枚歯の下駄をはくのは、すこしでもほかの生き物の命を奪わないためらしい。  もうずいぶん前のことだが、それを知ったとき、へえそうかあ、と感心したものである … 全文を読む>>

たにもと ゆうじ

プチ生物研究家・作家。 週末になると田畑や雑木林の周辺に出没し、てのひらサイズのムシたちとの対話を試みている。主な著書に『週末ナチュラリストのすすめ』『ご近所のムシがおもしろい!』など。自由研究もどきの飼育・観察をもとにした、児童向け作品も多い。

農業でうまくいく人いかない人【1】

2020年04月01日

農作業にも簿記は必須能力   農業生産法人グリンリーフ(株)、(株)野菜くらぶ 代表取締役 澤浦彰治     最近、仕事のできる人とそうでない人の差に、「簿記」の知識の有無が関わっていると感じる場面が多くある。経理や幹部で管理に関わっている … 全文を読む>>

さわうら しょうじ

群馬県利根郡昭和村で農家の長男として生まれる。群馬県畜産試験場研修課程を終了後に就農。「野菜くらぶ」、グリンリーフ(有)設立に携わる。第47回農林水産祭において天皇杯を受賞。農業生産法人グリンリーフ(株)代表取締役、(株)野菜くらぶ代表取締役。(株)サングレイス代表取締役会長。