提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜編:根菜類・いも類

ダイコン栽培の作業体系

2008年5月15日

(2021年5月改訂) 

圃場準備

●排水対策:30~50cmの深耕を行います。耕土を深くし膨軟にします。
●硬盤があれば、プラソイラやサブソイラなどで心土を破砕します。
●完熟堆肥は1t/10a程度施用します。未熟有機物の多用は岐根等の原因となります。石灰・リン酸分の土壌改良資材も施用します。
●堆肥は前作または播種する1~2カ月前までに施用します。

daikon_purasoira1.jpg
プラソイラでの作業(提供 熊本県球磨地域振興局農林部 農業普及指導課) 

基肥施用、播種準備

●萎黄病、そうか病、ネグサレセンチュウ被害が予想される畑では土壌消毒をします。
●播種10日前には基肥を施用するのが望ましいです。苦土、ホウ素の施肥を加えます。
●窒素成分の施肥量は品種や作型にもよりますが、総量で10kg/10a前後を基本とし、主に高温期に生育・収穫する夏どりの作型は少なく、低温期の秋冬どりや春どりの作型では多くします。

2021daikon_sakugata.jpg

●耕起する時は表層の砕土は十分にし、発芽を安定させます。
●省力化のため、施肥、マルチ、播種を同時に行う場合もあります。

2021daikon_burodokasuta.jpg
ブロードキャスタ

●マルチをする場合、低温期は透明、緑色、黒色ポリフィルムを、高温期はシルバー、白黒ダブルマルチなどを使用します。ベッドとフィルムを密着させます。

daikon_chosaido_r.jpg  daikon_grandsowa1.jpg
 :超砕土ロータリー  /  :グランドソワー

播種

●露地栽培ではうね幅60~70cm、株間22~25cm程度とし、深さ1.5~2cmに、通常1カ所に2~3粒程度播種します。
●トンネル栽培やマルチ・べたがけ栽培では条間45cmの2条植え、また株間はトンネル栽培では18~20cm程度、マルチ。べたがけ栽培では25cm程度とします。
●連続して出荷する大規模経営では、5日~10日おき位に、1回に数十aずつ播種します。

【トンネル栽培】
・冬まきではビニール等で保温をして、花芽分化抑制と生育促進、寒害防止を図ります。
・また、播種から5葉期までは35℃、10葉期までは30℃、20葉期以降は20℃を目安に温度管理をします。
・抽根後、トンネル内が-5℃以下になるようであれば、不織布をべたがけします。

daikon_image1.jpg  daikon_image2.jpg
 :不織布のべたがけ栽培 /  :トンネル栽培

2021daikon_7.jpg

●間引きを省略するために、1粒まきも行われます。
●シードテープ、ベルトシーダなどが使用されます。
●播種前にキスジノミハムシ、タネバエを防除するために殺虫剤を土壌施用します。
●耕起・うね成形・施薬・播種を一行程で行う機械もあります。

2021daikon_14.jpg2021daikon_15.jpg
 :クリーンシーダ(APH-20C) /  :USシーダ(BS-2US

2021daikon_16.jpg2021daikon_17.jpg
 :整形施薬同時播種機(TS-8012FR+サンソワーSVL+2W(G)
 :播種マルチ(DHMー20A


2021daikon_18.jpg2021daikon_19.jpg
 :ワンポイントシーダ(TS8013
 :ワンポイントシーダーマルチ(KSMF02


2021daikon_20.jpg2021daikon_21.jpg
 :ワンポイントシーダーマルチ /  :シーダーマルチ(SDS135N-K

(参考)
夏播きダイコンにおけるキスジノミハムシの効果的な防除実証(長野県 令和元年度)

間引き

●本葉4~5葉期に病害虫に侵された株や生育の不良な株を間引いて、1本立ちにします。

【中耕・土寄せ】
・間引き後追肥をして、中耕・培土をします。

daikon_image3.jpg
中耕培土

防除

●ネグサレセンチュウ類は、耕種的防除法として対抗植物のエンバク等(ヘイオーツ等)を作付けし鋤き込むことをおすすめします。また、多発が予想される場合は薬剤防除法もあります。
●播種時にキスジノミハムシ用の防除薬剤を土壌混和します。
●本葉4~5葉期の初生皮層剥奪期に、殺菌剤を散布すると病気予防効果が高くなります。
●ハイマダラノメイガ、アブラムシ、コナガ、ヨトウムシ類は、初発期に防除します。
●白さび病菌によるわっか症は、殺菌剤の土壌施用、間引き前後の薬剤散布で防除します。

2021daikon_boom_s.jpg2021daikon_rajikon_dofun.jpg
 :ブームスプレーヤ /  :ラジコン動噴  

2021daikon_1.jpg  2021daikon_2.jpg
 :乗用管理機(KV2200(W)-BS
 :ハイクリブーム(BSA-501LDS)

台風対策

●台風襲来前に、不織布などでべたがけをします。また、培土をして、うね間に溝を切ります。
●台風通過後、土壌表面が乾いたら中耕します。
●病気予防のため、殺菌剤を散布します。ホウ素などの微量要素入り肥料を混用すると、生育の回復を早められます。

収穫・調製

●根径が7~8cm、根重1kgになったら収穫を始めます。
●収穫が遅れるとスが入るので、注意します。
●ハーベスタにより抜き取り、コンテナ収納ができます。
●水洗後は十分水を切ります。
●洗浄水による病気の発生を予防するため、水は定期的に替えて、きれいな水を使用します。
●高温期には、気温の低いうちに収穫し、予冷をして出荷します。

2021daikon_3.jpg2021daikon_4.jpg
 :収穫機(GRH1700) /  :掘取機(K・DH-110

2021daikon_5.jpg2021daikon_6.jpg 
 :大根洗浄機(横洗い式) /  :大根洗浄機(縦洗い式)

2021daikon_8.jpg2021daikon_9.jpg
 :ダイコン水圧洗浄機(D2-321AN
 :ダイコン洗浄機(DZ-1)  


2021daikon_10.jpg2021daikon_11.jpg
 :ダイコン洗浄機
 :縦型水圧大根洗浄機(KB-ZB220


2021daikon_12.jpg2021daikon_13.jpg
 :大根アジャスター
 :大根葉切り機(DHK-430
 

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

◆野菜編 もくじはこちら