提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜・果樹

マニュアル「天敵を活用したイチゴの上手な病害虫防除」

2019年5月27日

全国農業システム化研究会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会) は、平成30年度、「天敵を活用したイチゴの上手な病害虫防除」を作成。
本書では、栽培環境づくりとともに各種天敵資材などを用いたIPM(総合的病害虫管理)による防除法を提案している。


201901ipm_manual.jpg


●もくじ
1.IPMの概念
2.IPMの利点と注意点
3.イチゴ栽培におけるIPM体系の組み立て
4.イチゴ栽培における対象病害虫別のIPM技術
5.イチゴ栽培におけるIPM関連資材の活用
6.イチゴ栽培におけるIPM関連資材紹介
7.イチゴ栽培におけるIPM優良事例


●ダウンロード用pdfデータはこちら
ファイルをダウンロード(9.41MB)


※なお、ご活用の際は、下記の点にご注意ください。

1.DMI剤の使用について
 p19優良事例の散布履歴に、DMI剤「サンリット水和剤」を4回、「ラリー乳剤」を1回散布の記載があります。農薬使用基準上の問題はありませんが、耐性菌リスクの観点から考えると望ましくない散布状況ですので、ご留意くださるようお願いします。なお、日本植物病理学会殺菌剤耐性菌研究会のWebサイトに「耐性菌対策のためのDMI剤使用ガイドライン」が掲載されていますので、参考にしていただければと思います。

 ▼日本植物病理学会殺菌剤耐性菌研究会はこちら

2.ガッテン乳剤について
 p19優良事例の散布履歴に、「ガッテン乳剤」散布の記載があります。ガッテン乳剤は現在メーカーからの販売は終了しておりますので、ご留意くださるようお願いいたします。


●その他のIPMパンフレット
「天敵を使った上手なトマトの病害虫防除」
「天敵を使った上手なナス・ピーマンの病害虫防除」
「天敵を使った上手なキュウリの病害虫防除」