提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

農作業便利帖


果菜類

カボチャの作り方(家庭菜園向け)

(2023年3月 施肥量等を修正)

栽培のポイント

●肥料を吸収する力が強いので、与えすぎに注意します
●雌雄異花なので、人工授粉で着果させましょう
(ミツバチの訪花が多い場合は、受粉作業は不要です)
●根は縦横に広く伸びて浅く張るため、まわりを広くあけておきましょう
●茎葉が旺盛に育つので、整枝を工夫します
●種によっては生育適温、日長反応、耐病性などが異なるので、生育特性を理解したうえで栽培します

2023kabocha_image01.jpg

品種

●モスカータ種(日本カボチャ):白菊座や黒皮早生、バターナッツなど
●マキシマ種(西洋カボチャ):みやこ、えびす、栗えびす、雪化粧、ロロン、こふき、九重栗、ミニカボチャの坊ちゃん、ほっこり姫、栗坊など 
●ペポ種 :ズッキーニ

2023kabocha_1.jpg

栽培ごよみ

kabocha_hyo201412.jpg
 (中間地) 

苗の準備

良い苗の条件
●葉と葉の間が伸びすぎず、ガッチリしている
●葉は濃緑色で厚く、つやがある
●病害虫がついていない
などに注意して、苗を選びましょう。

畑の準備

  20230315kabocha_jyunbi.jpg
 ※熔成りん肥のリン酸は土壌中に残るため、毎作施用する必要はありません。

植付け

本葉4~5枚程度の時期が定植の適期です。
定植日の朝にはたっぷりかん水しておきます。
定植後は苗が風害を受けやすいので、三角の紙テントをかけるか、天井を切ったポリキャップをかけるようにします。

2023kabocha_image2.jpg

整枝と誘引

低温・短日で、雌花のつきが早まります。雌花は第8~9節につき、その後4~5節おきに果実をつけていきます。
つるが伸びたら、親づると子づるの一番よいものを2本残して、計3本仕立てとします。

7節までの雌花は、奇形が出たり肥大が悪くなるため摘果し、10~13節に第1果を付けます。栄養を集中させるため、果実が肥大を始めるまでは、孫づるは小さいうちに除去します。
 

人工授粉

カボチャは虫媒花なので、昆虫がこないと実がなりません。
そこで、開花日の朝は、遅くとも9時頃までに、雄花の花粉を雌花の柱頭につけて授粉をします。

人工受粉には、筆先に花粉を集めて柱頭にこすりつける方法と、おしべの先に花粉を直接こすりつける方法があります。
交配がすんだものは、棒や細い化繊のヒモなどで目印をつけておきましょう。

2023kabocha_jyuhun.jpg

玉なおし

着果後30日経過した頃に、カボチャの接地面が着色せず、黄色くなっているところ(黄皮帯)があれば、果実を少し回して日にあたるようにすると、均一に着色します。
その際に、果実の下にフルーツマットを敷くとさらに良いでしょう。

追肥

果実が肥大しはじめたら、窒素とカリ主体の速効性肥料を10㎡当たり窒素分で40g蔓先に施します。

主な病害虫

●主な害虫
アブラムシ、ハダニ、ウリハムシ(ウリバエ)、オオタバコガ、ネコブセンチュウ 
●主な病害
べと病、疫病、うどんこ病


kabocha_udonko.jpgkabocha_ekibyo.jpg
左から上から うどんこ病 / 疫病(初期) (提供 :梶原敏宏氏) 

収穫

西洋カボチャは開花してから40日以降、果実の表面につやがなくなり、果皮につめが立たなくなるほどに堅くなって、果梗部のコルク化が進んだ頃が収穫適期(完熟)です。梅雨明け後の高温・強光による日焼け果の発生は新聞紙で覆うと防げます。

幼果を食べるズッキーニは、開花後7~8日たって、果実がキュウリ位か、やや大きくなった頃に収穫します。
よく熟した状態で収穫したカボチャは、3~4カ月も保存することができます。バターナッツの貯蔵性は特に優れています。

2023kabocha_3.jpg

ミニ情報

●ベトナムで見たカボチャ
昔から国内で栽培されてきたモスカータ種の日本カボチャの生産は、昭和40年以降にマキシマ種の西洋カボチャに取って代わられ、今は見かけることもない状況です。
数年前にベトナムで日本カボチャのルーツとも思われるようなカボチャを見ることができました。ベトナムにおいては暑さに強く、病気にも強いカボチャが作りやすく、耐暑性、耐病性の弱い西洋カボチャの栽培は難しいとのことでした。

2023kabocha_2.jpg

◆家庭菜園に関する、その他の情報はこちらから