提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

稲作




【熊本県】スマート農機を活用した協調作業による水稲作の効率化・省力化の実証(令和5年度全国農業システム化研究会実証調査)

2023年08月28日

●実証機関: 熊本県県北広域本部阿蘇地域振興局 農業普及・振興課
●実証地域: 熊本県阿蘇市
●実証品目: 水稲(コシヒカリ)


●実証地域の状況
 農作業受託や作業を効率化させるための農地集積・集約が進み、土地利用型営農法人の経営面積が拡大しています。経営体の規模が拡大する中、生産者の高齢化や担い手の不足によって労働力が限られ、一人あたりの作業面積が増加するため、作業の省力化・機械の効率的な利用が求められています。
 こうした現状を受け、スマート農機を効率的に活用するため、ロボット農機の協調作業による作業の効率化を検証することとしました。


●実証の概要
1.スマート農機との協調作業による作業の省力化及び機械の効率的な利用の検討
2.ロボットトラクター、ロボット田植え機導入による拡大可能な経営面積及び経済性の検討


○ロボットトラクター(アグリロボトラクタMR1000A無人仕様)
R5kumamoto_1.jpg


○ロボット田植機(アグリロボ田植機NW8SA無人仕様)
R5kumamoto_2.jpg

●作業計画
R5kumamoto_schedule.jpg


▼全国農業システム化研究会 令和5年度実証課題一覧はこちら