提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU




【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年09月28日

●実証機関: 山形県村山総合支庁産業経済部農業技術普及課
●実証地域: 山形県山形市
●実証品目: オウトウ(加温栽培)


●調査の目的・ねらい:
 加温栽培のオウトウは、露地雨よけ栽培に比較し、生育期間が長くなることから、長期間に渡り葉を健全に保つ必要があります。
 そこで、葉の寄生害虫ハダニからの被害抑制を目的に、管内の加温栽培において実証を行うこととしました。


R4_IPM_yamagata1_1.jpg  R4_IPM_yamagata1_2.jpg


●調査内容:
○生物的防除
 天敵製剤(ミヤコカブリダニ)のハダニ類防除効果の実証
○化学的防除
 天敵に影響の少ない薬剤を使用した体系防除の検証


●調査項目:
・ハダニ類の発生調査
・天敵の定着状況
・ハウス内温湿度
・防除経費


●作業計画:
R4_IPM_yamagata1_schedule.jpg


●供試資材:

○スパイカル®プラス(ミヤコカブリダニ) ホームページ
R4_IPM_spicalPlus.jpg  R4_IPM_miyako.jpg


▼全国農業システム化研究会 令和4年度実証課題一覧はこちら