提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU



取組みレポート IPM


【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年11月29日

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 山形県村山総合支庁産業経済部北村山農業技術普及課 ●実証地域: 山形県村山市 ●実証品目: オウトウ(加温栽培) ●調査の目的・ねらい:  加温栽培のオウトウは、露地雨よけ栽培に比較し、生育期間が長くなることから、長期間に渡り … 全文を読む>>

【熊本県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月30日

【熊本県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 熊本県宇城地域振興局農業普及・振興課 ●実証地域: 熊本県宇土市 ●実証品目: キュウリ ●調査の目的・ねらい:  当地区では、退緑黄化病等ウイルス病を媒介する微小害虫(コナジラミ類、アザミウマ類)のまん延が問題となっており、 … 全文を読む>>

【佐賀県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ(抑制、半促成)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月30日

【佐賀県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ(抑制、半促成)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 佐賀県杵藤農林事務所 杵島農業振興センター ●実証地域: 佐賀県武雄市 ●実証品目: キュウリ(抑制、半促成) ●調査の目的・ねらい:  近年、当地域では微少害虫の発生が増加傾向にあり、薬剤散布回数の増加と共に、薬剤抵抗性発達 … 全文を読む>>

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月28日

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 山形県村山総合支庁産業経済部農業技術普及課 ●実証地域: 山形県山形市 ●実証品目: オウトウ(加温栽培) ●調査の目的・ねらい:  加温栽培のオウトウは、露地雨よけ栽培に比較し、生育期間が長くなることから、長期間に渡り葉を健 … 全文を読む>>

【京都府】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【万願寺トウガラシ(ハウス)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月27日

【京都府】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【万願寺トウガラシ(ハウス)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 京都府中丹東農業改良普及センター ●実証地域: 京都府綾部市 ●実証品目: 万願寺トウガラシ(ハウス) ●調査の目的・ねらい:  実証地域の万願寺トウガラシ栽培において、令和3年度に天敵や循環扇などのIPM資材の導入を行った結 … 全文を読む>>

【愛知県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【シソ(大葉)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月27日

【愛知県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【シソ(大葉)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 愛知県東三河農林水産事務所農業改良普及課野菜指導グループ ●実証地域: 愛知県豊川市 ●実証品目: シソ(大葉) ●調査の目的・ねらい:  マイナー作物であるシソでは使用可能な農薬が少なく、微小害虫の薬剤抵抗性が発達しやすい問 … 全文を読む>>

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

2018年7月 2日

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

 千葉県東部に位置する山武地域は県内有数のイチゴの産地であり、観光摘み取り園や直売が大半を占めている。そのため、化学農薬の散布回数の削減や軽労化等を図る上で、難防除害虫であるハダニ類の防除に天敵の導入が進んでいる。しかし、ハダニ類の薬剤感受 … 全文を読む>>

天敵を活用した露地ナスのIPM実証調査がはじまる(栃木県芳賀郡市貝町)

2015年6月10日

天敵を活用した露地ナスのIPM実証調査がはじまる(栃木県芳賀郡市貝町)

 栃木県芳賀地域は関東でも有数の夏秋ナス産地であるが、高齢化等にともない、夏場の防除作業が負担になっている。そこで、栃木県芳賀農業振興事務所では、平成27年度から全国農業システム化研究会事業を活用し、露地ナスのIPM実証調査に取り組み、天敵 … 全文を読む>>

きゅうりハウスで天敵放飼作業を実施(福島県須賀川市)

2012年4月13日

 福島県県中農林事務所では、平成24年度から、福島県須賀川市内で全国農業システム化研究会のIPM実証調査に取り組んでいる。  4月6日(金)、きゅうりのハウス実証圃20aのうち12a分の区画で、天敵(スワルスキーカブリダニ)の放飼作業が行わ … 全文を読む>>

天敵等利用技術研修会を開催(岩手県一関市)

2009年10月 8日

9月30日(水)に岩手県一関市において、「天敵等利用技術研修会」が開催された。 岩手県では、産学官連携経営革新技術普及強化促進事業や、園芸産地づくり実証事業により、総合的病害虫管理(IPM)の実証調査を実施している。当日は、生産者や関係機関 … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます