提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU


【島根県】野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年8月23日

【島根県】野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 島根県農業技術センター技術普及部 ●実証地域: 島根県鹿足郡津和野町 ●実証品目: ブロッコリー ●実証地域の状況: 1.島根県では、「水田を活用した園芸作物の生産(水田園芸)」を重点推進事項に位置付け、県西部地域では、主にキ … 全文を読む>>

【秋田県】新型エダマメコンバインの現地導入に向けた作業性調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年8月19日

【秋田県】新型エダマメコンバインの現地導入に向けた作業性調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 秋田県農業試験場 ●実証地域: 秋田県秋田市 ●実証品目: エダマメ ●実証地域の状況:  秋田県のエダマメ栽培では、省力的な機械化一貫体系の導入が進んで労働時間が短縮され、作付けを拡大してきました。収穫脱莢作業では、小型から … 全文を読む>>

【秋田県】スマート農業技術による稲作経営の確立に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年8月17日

【秋田県】スマート農業技術による稲作経営の確立に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 秋田県北秋田地域振興局農林部農業振興普及課 ●実証地域: 秋田県北秋田市 ●実証品目: 水稲 ●実証地域の状況:  高齢化や就農人口の減少が進む中、担い手となる法人等へ農地が集積されてきていますが、法人としても人員が不足してお … 全文を読む>>

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査【ドローン】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年8月16日

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査【ドローン】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 鹿児島県農業開発総合センター園芸作物部農機研究室 ●実証地域: 鹿児島県南薩摩市 ●実証のねらい:  農業用ドローンは多様な機種が市販されていますが、性能はさまざまです。  そこで市販の機種を供試して、機種ごとの作業性能を把 … 全文を読む>>

全国農業システム化研究会 令和4年度実証課題一覧

2022年8月15日

課題1 スマート農業技術による稲作経営の確立に関する実証調査 ●岩手県中部農業改良普及センター(水稲:収量・食味コンバインと可変施肥等) ●岩手県農業研究センター(水稲:アグリロボ田植機による水稲鉄コーティング直播) ●秋田県北秋田地域振興局(水稲 … 全文を読む>>

高速汎用施肥播種機を使用した大豆播種現地見学会を開催(福岡県福津市)

2022年7月14日

高速汎用施肥播種機を使用した大豆播種現地見学会を開催(福岡県福津市)

 福岡県福津市では、個別大規模農家が地域の水田農業を担っている。農家の高齢化等に伴い、法人化した担い手への農地集積により、担い手の大豆作付面積が増加しており、播種等の適期作業が難しくなっている。大豆の播種適期は7月上中旬の梅雨期にあたるため … 全文を読む>>

大豆適期播種実施に向けた高速汎用施肥播種機の実演会を開催(滋賀県近江八幡市)

2022年7月11日

大豆適期播種実施に向けた高速汎用施肥播種機の実演会を開催(滋賀県近江八幡市)

 大豆収量の安定化および多収化は、適期播種の実施と適切な圃場の準備が重要である。しかし、播種時期は梅雨と重なるため、播種前後の降雨により土中酸素濃度が低下し、湿害による発芽不良が起こる。また、根粒菌の着生阻害による栄養凋落や雑草発生の問題も … 全文を読む>>

礫質土の作業に効果的な排水対策機械「カットブレーカー」の実演会を開催(島根県津和野町)

2022年6月22日

礫質土の作業に効果的な排水対策機械「カットブレーカー」の実演会を開催(島根県津和野町)

 島根県西部地域ではキャベツ・ブロッコリーの生産が推進されているが、作土の次層に礫が分布する圃場が多く、排水対策で使用可能な機械が限られることから、排水不良や冠水により、減収となる事例が多く見られる状況である。  そこで、島根県農業技術セン … 全文を読む>>

無人田植機(アグリロボ田植機)による鉄コーティング直播作業を実施(新潟県新発田市)

2022年6月 9日

無人田植機(アグリロボ田植機)による鉄コーティング直播作業を実施(新潟県新発田市)

 稲作栽培においてはスマート農機の普及がはじまり、より一層の省力化・安定生産による規模拡大と経営の安定化が期待されている。  新潟県新発田農業普及指導センターでは、令和3年度より全国農業システム化研究会の実証調査事業に取り組み、①無人田植機 … 全文を読む>>

中山間におけるアグリロボ田植機(無人仕様)の省力効果を検討(秋田県北秋田市)

2022年6月 8日

中山間におけるアグリロボ田植機(無人仕様)の省力効果を検討(秋田県北秋田市)

 5月11日(水)、北秋田市平里の圃場において、アグリロボ田植機(NW8SA無人仕様)による田植え作業の現地検討会が開催された。  今年度、実証を主催する北秋田地域振興局では、全国農業システム化研究会事業を活用し、実証農家の株式会社みそらフ … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます