提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


全国の機械化取組活動2018年07月


土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会が開催される(宮城県東松島市)

2018年7月13日

土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会が開催される(宮城県東松島市)

 6月29日、宮城県東松島市の(有)アグリードなるせのほ場において「土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会」が開催された。気温30度を超える炎天下にも関わらず、県下の普及関係職員、JA、資機材メーカー、農家など約70名の出席があった。 … 全文を読む>>

マルチロータ(ドローン)による除草剤(粒剤)散布試験を実施(鹿児島県鹿屋市)

2018年7月11日

マルチロータ(ドローン)による除草剤(粒剤)散布試験を実施(鹿児島県鹿屋市)

 近年、農業分野におけるマルチロータ(ドローン)の利活用に注目が集まっており、農薬・肥料等の散布や播種作業の省力・低コスト化等を図る目的で現地への普及が始まっている。しかし現状はマルチロータの機種により性能は様々で、防除技術の検討もデータの … 全文を読む>>

水田を利用した野菜栽培における排水対策研修会が開催される(富山県高岡市)

2018年7月 4日

水田を利用した野菜栽培における排水対策研修会が開催される(富山県高岡市)

 富山県では、主穀作経営体の園芸品目導入による所得の向上を図るため、水田を利用した野菜栽培を県内で振興しているところだが、排水不良による単収や品質の低下などが大きな課題となっている。  そこで、平成28年度から全国農業システム化研究会事業を … 全文を読む>>

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

2018年7月 2日

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

 千葉県東部に位置する山武地域は県内有数のイチゴの産地であり、観光摘み取り園や直売が大半を占めている。そのため、化学農薬の散布回数の削減や軽労化等を図る上で、難防除害虫であるハダニ類の防除に天敵の導入が進んでいる。しかし、ハダニ類の薬剤感受 … 全文を読む>>