提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


全国の機械化取組活動2015年06月


ICT技術を活用し圃場毎に施肥設計をした田植え作業開始(兵庫県加古川市)

2015年6月30日

 兵庫県加古川農業改良普及センターは今年度から、全国農業システム化研究会(全国農業改良普及支援協会)による事業の一環として、圃場ごとに施肥設計や作付け計画を行うことのできる、ICT技術を活用した圃場管理システム(KSAS=クボタスマートアグ … 全文を読む>>

タマネギ収穫機と調整機の実演会を開催(宮城県加美町)

2015年6月29日

タマネギ収穫機と調整機の実演会を開催(宮城県加美町)

 宮城県加美郡加美町のタマネギ生産は、生産者の高齢化により、除草等の管理作業や収穫作業が負担となり、栽培面積が減少している。そこで、担い手の中心に集落営農組合を位置づけるとともに、省力・軽労化技術の導入により、産地拡大を模索しているところだ … 全文を読む>>

小畝立て深層施肥播種で高収量・高品質をめざす(秋田県横手市)

2015年6月11日

小畝立て深層施肥播種で高収量・高品質をめざす(秋田県横手市)

 6月6日(土)、小畝立て深層施肥播種実演研修会が、秋田県横手市の圃場で開催された。この圃場での実証調査は、全国農業システム化研究会によるもので、今年度で2年目を迎える。 ▼昨年度の取り組み 大豆「深層施肥播種」実証圃場実演研修会(秋田県横 … 全文を読む>>

天敵を活用した露地ナスのIPM実証調査がはじまる(栃木県芳賀郡市貝町)

2015年6月10日

天敵を活用した露地ナスのIPM実証調査がはじまる(栃木県芳賀郡市貝町)

 栃木県芳賀地域は関東でも有数の夏秋ナス産地であるが、高齢化等にともない、夏場の防除作業が負担になっている。そこで、栃木県芳賀農業振興事務所では、平成27年度から全国農業システム化研究会事業を活用し、露地ナスのIPM実証調査に取り組み、天敵 … 全文を読む>>

WCS用稲鉄コーティング種子直播現地研修会を開催(島根県大田市)

2015年6月 4日

WCS用稲鉄コーティング種子直播現地研修会を開催(島根県大田市)

 米の在庫過多等による米価下落や米の直接支払交付金等の減額・廃止等、主食用米を巡る情勢が非常に厳しい中、全国農業システム化研究会の実証調査に取り組むこととなった島根県大田市においても、非主食用米(新規需要米)等への作付け転換が図られようとし … 全文を読む>>

コシヒカリの品質・食味・収量の高位平準化を目指したICT実証調査がはじまる(新潟県長岡市)

2015年6月 2日

コシヒカリの品質・食味・収量の高位平準化を目指したICT実証調査がはじまる(新潟県長岡市)

 全国農業システム化研究会では、平成26年度よりICT技術を活用した水稲の圃場管理システムの構築に関する実証調査(ICT実証調査)を実施している。圃場管理システムとしてクボタスマートアグリシステム(KSAS)を利用し、大規模稲作経営支援シス … 全文を読む>>