提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU


【神奈川県】環境制御による施設キュウリ病害対策確立のための実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年12月26日

【神奈川県】環境制御による施設キュウリ病害対策確立のための実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 神奈川県農業技術センター普及指導部 ●実証地域: 神奈川県平塚市、大磯町 ●実証品目: 施設キュウリ ●実証地域の状況:  当地域の施設キュウリ栽培においては、経験と勘に基づく温湿度管理が行われており、成育促進を意図した高湿度 … 全文を読む>>

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年11月29日

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 山形県村山総合支庁産業経済部北村山農業技術普及課 ●実証地域: 山形県村山市 ●実証品目: オウトウ(加温栽培) ●調査の目的・ねらい:  加温栽培のオウトウは、露地雨よけ栽培に比較し、生育期間が長くなることから、長期間に渡り … 全文を読む>>

【熊本県】水田における土地利用型作物等の生産効率向上に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年11月14日

【熊本県】水田における土地利用型作物等の生産効率向上に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 熊本県県央広域本部農林部農業普及・振興課 ●実証地域: 熊本県熊本市 ●実証品目: 小麦・大豆 ●実証地域の状況:  土地利用型作物を中心に複合経営を行う大規模営農法人熊本すぎかみ農場では、小麦、大豆の作付面積拡大のため、各作 … 全文を読む>>

【福井県】水田における土地利用型作物等の生産効率向上に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年11月 1日

【福井県】水田における土地利用型作物等の生産効率向上に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 福井県農業試験場 ●実証地域: 福井県坂井市 ●実証品目: 大麦(ファイバースノウ) ●実証地域の状況:  福井県では、これまで農地集積による経営規模拡大が進み、土地利用型作物の省力化技術が広く普及し、大型機械での作業が可能で … 全文を読む>>

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年10月24日

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 鹿児島県農業開発総合センター園芸作物部農機研究室 ●実証地域: 鹿児島県南さつま市 ●実証地域の状況: 1.熟練作業者不足による作業精度、効率低下に伴う労働時間増加が問題となっている。 2.課題解決のため農作業のロボット化が期 … 全文を読む>>

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年10月21日

【鹿児島県】 野菜等の効率的生産技術に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 鹿児島県農業開発総合センター園芸作物部農機研究室 ●実証地域: 鹿児島県南さつま市 ●実証品目: バレイショ、レタス ●実証地域の状況:  加工用バレイショ栽培では、春先の降霜、低温害による生育遅延や強風での地上部折損による低 … 全文を読む>>

【岩手県】スマート農業技術による稲作経営の確立に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年10月21日

【岩手県】スマート農業技術による稲作経営の確立に関する実証調査(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 岩手県農業研究センター ●実証地域: 岩手県北上市 ●実証品目: 水稲 ●実証地域の状況:  水稲の湛水直播栽培においては、さらなる作業の効率化及び軽労化が求められています。また、収量確保のため、苗立の安定が課題となっています … 全文を読む>>

【熊本県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月30日

【熊本県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 熊本県宇城地域振興局農業普及・振興課 ●実証地域: 熊本県宇土市 ●実証品目: キュウリ ●調査の目的・ねらい:  当地区では、退緑黄化病等ウイルス病を媒介する微小害虫(コナジラミ類、アザミウマ類)のまん延が問題となっており、 … 全文を読む>>

【佐賀県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ(抑制、半促成)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月30日

【佐賀県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【キュウリ(抑制、半促成)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 佐賀県杵藤農林事務所 杵島農業振興センター ●実証地域: 佐賀県武雄市 ●実証品目: キュウリ(抑制、半促成) ●調査の目的・ねらい:  近年、当地域では微少害虫の発生が増加傾向にあり、薬剤散布回数の増加と共に、薬剤抵抗性発達 … 全文を読む>>

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

2022年9月28日

【山形県】重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査【オウトウ(加温栽培)】(令和4年度全国農業システム化研究会実証調査)

●実証機関: 山形県村山総合支庁産業経済部農業技術普及課 ●実証地域: 山形県山形市 ●実証品目: オウトウ(加温栽培) ●調査の目的・ねらい:  加温栽培のオウトウは、露地雨よけ栽培に比較し、生育期間が長くなることから、長期間に渡り葉を健 … 全文を読む>>