提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会が開催される(宮城県東松島市)

2018年7月13日

土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会が開催される(宮城県東松島市)

 6月29日、宮城県東松島市の(有)アグリードなるせのほ場において「土地利用型作物におけるスマート農業現地実演会」が開催された。気温30度を超える炎天下にも関わらず、県下の普及関係職員、JA、資機材メーカー、農家など約70名の出席があった。 … 全文を読む>>

マルチロータ(ドローン)による除草剤(粒剤)散布試験を実施(鹿児島県鹿屋市)

2018年7月11日

マルチロータ(ドローン)による除草剤(粒剤)散布試験を実施(鹿児島県鹿屋市)

 近年、農業分野におけるマルチロータ(ドローン)の利活用に注目が集まっており、農薬・肥料等の散布や播種作業の省力・低コスト化等を図る目的で現地への普及が始まっている。しかし現状はマルチロータの機種により性能は様々で、防除技術の検討もデータの … 全文を読む>>

水田を利用した野菜栽培における排水対策研修会が開催される(富山県高岡市)

2018年7月 4日

水田を利用した野菜栽培における排水対策研修会が開催される(富山県高岡市)

 富山県では、主穀作経営体の園芸品目導入による所得の向上を図るため、水田を利用した野菜栽培を県内で振興しているところだが、排水不良による単収や品質の低下などが大きな課題となっている。  そこで、平成28年度から全国農業システム化研究会事業を … 全文を読む>>

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

2018年7月 2日

促成イチゴ栽培の育苗期における天敵を活用したIPM実証調査(千葉県山武市成東地区)

 千葉県東部に位置する山武地域は県内有数のイチゴの産地であり、観光摘み取り園や直売が大半を占めている。そのため、化学農薬の散布回数の削減や軽労化等を図る上で、難防除害虫であるハダニ類の防除に天敵の導入が進んでいる。しかし、ハダニ類の薬剤感受 … 全文を読む>>

KSAS対応施肥量電動調性ユニット付き田植機での田植え作業始まる(秋田県大仙市)

2018年6月12日

KSAS対応施肥量電動調性ユニット付き田植機での田植え作業始まる(秋田県大仙市)

 5月25日、秋田県大仙市にある(株)RICE BALLの圃場にて、KSAS対応の施肥量電動調性ユニット付き田植機による田植え実演研修会が行われた。(株)RICE BALLは全国農業システム化研究会事業で実証調査に取り組み、今年で3年目とな … 全文を読む>>

アグリロボトラクタによる自動運転作業の実証調査がはじまる(鹿児島県)

2018年5月28日

アグリロボトラクタによる自動運転作業の実証調査がはじまる(鹿児島県)

 わが国農業の生産現場では、担い手の高齢化や労働力不足が深刻化しており、農作業における省力・軽労化をさらに進めるために、ロボット技術に期待が寄せられている。昨年6月には、有人監視下での無人による自動運転作業を可能にした「アグリロボトラクタ」 … 全文を読む>>

乾田直播栽培における播種作業を実施(千葉県香取市)

2018年5月16日

乾田直播栽培における播種作業を実施(千葉県香取市)

 5月1日、千葉県香取市で乾田直播栽培における播種作業が行われた。  千葉県香取市は県内有数の水田地帯であり、コシヒカリをはじめ、県育成品種のふさこがね、ふさおとめを主力品種とし、早場米の産地でもある。近年は、規模拡大や農地の集積が進む一方 … 全文を読む>>

平成29年度全国農業システム化研究会最終成績検討会を開催

2018年3月12日

平成29年度全国農業システム化研究会最終成績検討会を開催

 全国農業システム化研究会(主催:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、2月20~21日にアルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)において「平成29年度最終成績検討会」を開催。農林水産省、各道府県の普及指導員、試験研究機関、農業資機材メーカー担 … 全文を読む>>

スマート農業全国フォーラムを開催(埼玉県さいたま市)

2017年12月14日

スマート農業全国フォーラムを開催(埼玉県さいたま市)

 農業の担い手不足や高齢化が深刻化する中、ロボット技術やICT等の先端技術を活用する「スマート農業」が期待や注目を集めている。全国農業システム化研究会でも、新しい課題として取り組みを始めているところだ。  11月28日、「スマート農業全国フ … 全文を読む>>

乾燥調製施設での乾燥調製作業(大仙市)とPFコンバインによる収穫作業(能代市)

2017年10月17日

乾燥調製施設での乾燥調製作業(大仙市)とPFコンバインによる収穫作業(能代市)

 10月2日午前、秋田県大仙市にある株式会社RICE BALLの乾燥調製施設で、PFコンバインで収穫された籾の乾燥調製作業が行われた。  収穫した圃場は、全国農業システム化研究会事業による実証調査圃場であり、当日は朝早くから収穫作業が行われ … 全文を読む>>