提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(北陸農政局)北陸の農業構造を知る ~2015年農林業センサス~

2017年5月 1日

北陸農政局は、「北陸の農業構造を知る ~2015年農林業センサス~」を取りまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年5月)について

2017年5月 1日

農林水産省は、東京都中央卸売市場における野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年5月)について、主産地等から聞き取りを行い、その結果を公表した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成29年5月)

2017年4月28日

5月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

平成28年産指定野菜(春野菜、夏秋野菜等)の作付面積、収穫量及び出荷量

2017年4月28日

●春野菜の作付面積は3万6,400haで、前年産に比べ200ha(1%)減少した。収穫量は195万2,000t、出荷量は179万6,000tで、前年産に比べそれぞれ3万3,000t(2%)、3万2,000t(2%)増加した。 ●夏秋野菜の作付面積は6万5,700haで、前年産並み … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号5月号をホームページに掲載

2017年4月28日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号5月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『自然と地域と育む魅力ある放牧酪農づくり ~鹿児島県姶良郡湧水町農事組合法人上床酪農組合の取り組み~』   (鹿児島事務所 長山枝里香)  戦後の開拓事業の未墾地を自ら開墾するところから始 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成28年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(4月25日現在)

2017年4月28日

米穀安定供給確保支援機構は、4月25日現在の、主要産地における平成28年産水稲の収穫量及び作柄概況等(第10報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号5月号をホームページに掲載

2017年4月28日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号5月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『地球温暖化がもたらす野菜生産への影響、その評価と推定について』    (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門野菜生産システム研究領域長 岡田邦彦)  地球温暖化 … 全文を読む>>

移植水稲栽培での「雑草イネ」の発生を多数確認 -直播栽培に限らず、全ての水田で雑草イネへの警戒が必要-

2017年4月28日

雑草イネは、国内では直播栽培の普及に伴い発生が増加していると認識され、移植栽培ではほとんど発生しないと考えられてきたが、このたび農研機構中央農業研究センターが雑草イネ発生地区(27地区、8県)に聞き取り調査を行ったところ、23地区では直播栽培を行ったことがなく、これまで移植栽培の … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機)米の消費動向調査結果(平成29年3月分)

2017年4月28日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年3月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,545g。うち「家庭内消費量」が3,128g(前月比-311g)、「中食・外食の消費量」は1,417g(前月比+11g) ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケ … 全文を読む>>

平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成29年3月末現在)

2017年4月28日

農林水産省は、「平成28年産米の産地別契約・販売状況(平成29年3月末現在)」、「民間在庫の推移(平成29年3月末現在)」について取りまとめた。 ●平成29年3月末現在の全国の集荷数量は299万t、契約数量は262万t、販売数量は137万tとなっている。集荷数量に対する契約比率 … 全文を読む>>