提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成29年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(12月25日現在)

2017年12月28日

米穀安定供給確保支援機構は、12月25日現在の、主要産地における平成29年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(第5報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成29年12月)の公表

2017年12月28日

農林水産省は、米先物取引の試験上場について、その価格動向、取引量の動向、取引参加者の状況、その他関連する情報を収集・整理した「米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成29年12月)」を取りまとめた。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成28年度 農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について

2017年12月28日

平成28年度に発生した農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について、農林水産省が調査を実施した結果、農薬の使用に伴う人に対する事故や被害は、前年度の28件に対し、19件(うち死亡事故は0件)であった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(平成29年11月分)

2017年12月28日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年11分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,739g。うち「家庭内消費量」が3,353g(前月比+15g)、「中食・外食の消費量」は1,386g(前月比+15g) ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケッ … 全文を読む>>

(農研機構ほか)日本全国の土壌有機態炭素地図を作成

2017年12月28日

国連食糧農業機関(FAO)が全世界を対象に作成する地球土壌有機態炭素地図について、この中の日本部分を農研機構農業環境変動研究センターと森林研究・整備機構森林総合研究所が作成した。 地球土壌有機態炭素地図は、地球規模、国別の吸収源対策等、気候変動対策の立案や、土壌肥沃度の一つの指標 … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年1月)について

2017年12月27日

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年1月)について、主産地等から聞き取りを行い、結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「平成28年農業総産出額及び生産農業所得(全国)」及び「平成28年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)」の公表

2017年12月27日

農林水産省は、「平成28年農業総産出額及び生産農業所得(全国)」及び「平成28年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)」を取りまとめた。 ●全国の農業総産出額、生産農業所得はともに2年連続で増加し、平成28年の農業総産出額は9兆2,025億円(対前年増減率4.6%増加)と平成1 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新(「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.124)

2017年12月27日

「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.124 平成29年12月26日号より (独)農畜産業振興機構は、砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新。 1.海外情報 2.地方事務所だより 3.統計資料  ●砂糖国内統計   異性化糖等糖化製品市中相場 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号1月号をホームページに掲載

2017年12月27日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号1月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『ベトナムの酪農乳業をめぐる動向』   (調査情報部 青沼悠平、小林誠)  ベトナムの酪農は、乳用牛飼養頭数および生乳生産量の増加に加え、経済発展による所得増加により牛乳・乳製品の消費量も … 全文を読む>>

平成29年産米の農産物検査結果(速報値)(平成29年11月30日現在)

2017年12月26日

1月30日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で3,850.8千tで、10月31日現在と比べ582.6千t増加している。 水稲もち玄米は180.7千tで10月31日現在と比べ56.8千t、醸造用玄米は90.0千tとなり31.7千t増加している。水稲うるち玄米の3,850.8千トンは、 … 全文を読む>>