提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号6月号をホームページに掲載

2017年5月26日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号6月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『ミャンマーの酪農、牛乳・乳製品をめぐる現状と課題』   (調査情報部 青沼悠平、小林誠)  ミャンマーでは、2011年の民政移管後の経済成長に伴い牛乳・乳製品の消費は拡大し、生乳生産量も … 全文を読む>>

(農研機構)Naktuinbouw(オランダの栽培試験実施機関)との連携協定締結について

2017年5月26日

Naktuinbouwと農研機構 種苗管理センターは、ともに植物の新品種の品種登録(育成者権)のための栽培試験を行っている。両機関は、特性調査マニュアルを合同で作成することを内容とした連携協定に署名し、2020年までにバラ(切り花)やレタスなど10種類について作成することとしてい … 全文を読む>>

(岡山大学ほか)味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明

2017年5月26日

岡山大学と、理化学研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、自然科学研究機構分子科学研究所、東北大学、大阪大学の共同研究グループは、口の中で味物質の感知を担う味覚受容体タンパク質について、受容体の主要部分である細胞外のセンサー領域が、味物質を結合している状態の構造を解明することに成 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号6月号をホームページに掲載

2017年5月25日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号5月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『鹿児島県日置市におけるアスパラガスの生産 ~地産地消の販売戦略で高品質の作物を販売~』    (鹿児島事務所(現畜産振興部) 篠原総一郎)  県内唯一のアスパラガス生産部会である吹上アスパ … 全文を読む>>

野生動物による農作物被害対策(研究成果等)を紹介

2017年5月24日

農林水産省は、鳥獣被害対策コーナーにおいて、野生動物による農作物被害対策(研究成果等)について、動画等で紹介している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「平成28年度食料・農業・農村白書」の公表

2017年5月24日

「平成28年度食料・農業・農村の動向」及び「平成29年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定された。 「平成28年度 食料・農業・農村白書」の概要は以下の通り。 ●特集で、平成28年11月に取りまとめた農業競争力強化プログラムと、2015年農林業センサスを用 … 全文を読む>>

(東京生薬協会)平成29年度「薬用植物・生薬に関する講座」カリキュラムを掲載

2017年5月23日

(公財)東京生薬協会は、平成29年度「薬用植物・生薬に関する講座」カリキュラムをホームページに掲載した。 今年度は、『生薬・漢方による未病・治療・養生』をテーマに5回のシリーズを企画している。各回定員60名(先着順)。 第1回 :貝原益軒に養生を尋ねる / 虚弱と漢方 第2回 : … 全文を読む>>

(中央果実協会)「平成28年度果物の消費に関する調査報告書」を掲載

2017年5月23日

(公財)中央果実協会は、「平成28年度果物の消費に関する調査報告書」を作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

米穀安定供給確保支援機構)POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年4月分)を公表

2017年5月19日

米穀安定供給確保支援機構は、POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年4月分)を公表。 特記事項は以下の通り。 (1)平均価格(税込)は、372円/kg(対前月+1円、同前年同月+22円)となり、2カ月ぶりに前月を上回り、前年同月比では18カ月連続して前年を上回っている … 全文を読む>>

(西日本農業研究センター)薬用シャクヤク栽培の現地実証地において日射量対応型自動潅水装置を用いた試験を開始

2017年5月19日

西日本農業研究センターは、主要薬用作物の一つであるシャクヤクに着目し、園芸的手法を応用した効率的生産方法の研究を進め、三重県鈴鹿市で現地実証をおこなっている。このたびシャクヤク栽培での潅水の効果を検証するため、収穫が近い3年生株の圃場に日射量対応型自動潅水装置を設置した。 詳細は … 全文を読む>>