提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成29年12月末現在)

2018年1月30日

農林水産省は、平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成29年12月末)」、「民間在庫の推移(平成29年12月末)」等について取りまとめた。 ●平成29年12月末現在の全国の集荷数量は264万t、契約数量は201万t、販売数量は69万tとなっている。 ●平成29年12月末現在の … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(平成29年12月分)

2018年1月29日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年12分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,422g。うち「家庭内消費量」は3,093g、「中食・外食の消費量」は1,329g ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などから無償で入手 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新(「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.126)

2018年1月29日

「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.126 平成30年1月26日号より (独)農畜産業振興機構は、砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新。 1.海外情報 2.地方事務所だより 3.統計資料  ●砂糖国内統計   砂糖の輸入実績、東京地区の年 … 全文を読む>>

平成29年産米の農産物検査結果(速報値)(平成29年12月31日現在)

2018年1月29日

12月31日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で4,062.4千tで、11月30日現在と比べ211.6千トン増加。 水稲もち玄米は198.0千tで11月30日現在と比べ17.3千t、醸造用玄米は97.0千tとなり、7.0千t増加。なお、水稲うるち玄米の4,062.4千tは、28年産 … 全文を読む>>

平成29年産麦の農産物検査結果(速報値)(平成29年12月31日現在)

2018年1月29日

平成29年産麦類の検査数量は、12月31日現在で1,155.0千tで、前年同期比108.7%となっている。 種類別では、以下の通り。 ・普通小麦  963.8千t (前年同期比109.0%) ・普通小粒大麦 51.1千t (同97.3%) ・普通大粒大麦 66.7千t (同115 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成29年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(1月25日現在)

2018年1月26日

米穀安定供給確保支援機構は、12月25日現在の、主要産地における平成29年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(第6報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

豪州向け日本産かき(柿)生果実の新たな植物検疫条件での輸出解禁について

2018年1月26日

豪州は、日本産かき(柿)生果実について、臭化メチルくん蒸等の一定の植物検疫条件を満たしたもの以外の輸入を禁止していたが、日豪間の植物検疫協議の結果、新たな輸出植物検疫条件に合意し、臭化メチルくん蒸処理によらない新たな植物検疫条件により、日本産かき(柿)生果実の輸出が解禁されること … 全文を読む>>

平成29年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2018年1月26日

●ももの全国の結果樹面積は9,700haで、前年産並みとなった。収穫量は12万4,900t、出荷量は11万5,100tで、前年産に比べそれぞれ2,400t(2%)、1,500t(1%)減少した。 ●すももの全国の結果樹面積は2,810haで、前年産に比べ30ha(1%)減少。収穫 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号2月号をホームページに掲載

2018年1月26日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号2月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『わが国の植物品種を保護する ~海外における品種登録~ 』  (農林水産省食料産業局知的財産課 種苗室長 中山知子)  海外で品種登録を行うことが品種を守るためには不可欠です。品種を登録すれ … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号2月号をホームページに掲載

2018年1月26日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号2月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『超大型肉用牛繁殖経営の出現 ~成立過程と技術的基盤~』   (大分大学 経済学部教授 大呂興平)  和牛の子牛生産基盤が縮小している中、超大型肉用牛繁殖経営を先駆的に実現している みらい … 全文を読む>>