提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(平成29年7月分)

2017年9月 4日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年7月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,424g。うち「家庭内消費量」が3,103g(前月比-279g)、「中食・外食の消費量」は1,321g(前月比-99g) ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケ … 全文を読む>>

平成28年産パインアップルの収穫面積、収穫量及び出荷量(沖縄県)

2017年9月 4日

収穫面積は316haで、前年産に比べ6ha(2%)増加した。 収穫量は7,770t、出荷量は7,580tで、前年産に比べそれぞれ110t(1% )、80t(1%)増加した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

平成29年産水稲の8月15日現在における作柄概況

2017年9月 1日

●東日本を中心とした早場地帯(19道県)の作柄は、「平年並み」又は「やや良」と見込まれる。 これは、一部地域で7月下旬から8月中旬の日照不足等の影響が見込まれるものの、田植期以降おおむね天候に恵まれたことにより、全もみ数が一部を除き平年以上に確保されると見込まれるためである。 ● … 全文を読む>>

平成30年度農林水産予算概算要求の概要について

2017年9月 1日

農林水産省は、平成30年度農林水産予算概算要求の概要を取りまとめ、ホームページに掲載した。 予算総額は、2兆6,525億円で、対前年度比115.0%となる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成29年9月)

2017年9月 1日

9月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

平成28年産 原料用かんしょ生産費

2017年9月 1日

平成28年産原料用かんしょの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は14万8,085円で、前年産に比べ7.2%増加し、100kg当たり全算入生産費は5,282円で、前年産に比べ0.4%減少した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成28年産 原料用ばれいしょ生産費

2017年9月 1日

平成28年産原料用ばれいしょの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は8万6,862円で、前年産に比べ1.7%増加し、100kg当たり全算入生産費は2,392円で、前年産に比べ18.9%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成28年産 さとうきび及びてんさいの生産費

2017年9月 1日

●平成28年産さとうきびの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は15万6,902円で、前年産に比べ2.0%増加し、1t当たり全算入生産費は2万2,019円で、前年産に比べ16.6%減少した。 ●平成28年産てんさいの10a当たり資本利子・地代全額算入生 … 全文を読む>>

APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話(概要)を掲載

2017年8月31日

農林水産省は、平成29年8月25日(金)にベトナムで開催された、APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話の概要を掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

平成29年産麦の農産物検査結果(速報値)(平成29年7月31日現在)

2017年8月31日

平成29年産麦類の検査数量は、7月31日現在で383.0千t、前年同期比116.5%となっている。 種類別は、以下の通り。 普通小麦  230.0千t (前年同期比113.0%) 普通小粒大麦 43.5千t (同94.2%) 普通大粒大麦 55.3千t (同125.8%) 普通 … 全文を読む>>