提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号4月号をホームページに掲載

2018年4月12日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号4月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『韓国の加糖調製品の生産および対日輸出動向』  (調査情報部 佐々木由花、坂上大樹、特産調整部輸入調整課(現:特産調整部管理課)宗政修平)  日本に輸入される加糖調製品全体の4割を … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)「平成29年産 水稲の品種別作付動向について」を公表

2018年4月11日

●平成29年産うるち米(醸造用米、もち米を除く)において、全国で最も作付が多かった品種は以下の通りで、上位5品種の順位の変動はなかった。 1位 コシヒカリ  (作付割合35.6%) 2位 ひとめぼれ  (同9.4%) 3位 ヒノヒカリ  (同8.9%) 4位 あきたこまち (同7 … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(平成30年4月号)の公表

2018年4月11日

●平成30年2月末現在の平成29年産米の集荷数量は、280万t。 ●契約数量は、前年同月と比較して▲15万tの231万t。契約比率は83%。 ●販売数量は、前年同月と比較して▲2万tの107万t。販売比率は38%。 ●産地別事前契約数量は、3年続けて増加、平成29年産米では、前年 … 全文を読む>>

(畜産技術協会)「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」を掲載

2018年4月11日

(公社)畜産技術協会は、以下の通り「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」をホームページに掲載した。 ●肉用牛(第4版) (平成30年3月) ●乳用牛(第4版) (平成30年3月) ●ブロイラー(第4版) (平成30年3月) ●採卵鶏(第3版) (平成30年3月)  … 全文を読む>>

「スギ花粉米」の研究を目的とした外部機関への提供について

2018年4月11日

農研機構は、「スギ花粉米」(「スギ花粉ポリペプチド含有米」及び「スギ花粉ペプチド含有米」)について、その「用途開発」と「実用化」を加速するため、研究用試料として民間企業や大学、研究機関に提供することとした。4月17日(火)締切(当日消印有効)。なお、この件に関して、4月12日(木 … 全文を読む>>

地理的表示(GI)の登録について

2018年4月10日

農林水産省は、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、地理的表示(GI)を登録した。 松館しぼり大根(まつだてしぼりだいこん) ●登録生産者団体 :松館しぼり大根栽培組合 ●農林水産物等の生産地 :秋田県 対州そば(たいしゅうそば) ●登録生産者団体 : … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)野菜の需給・価格動向レポート(平成30年4月9日版)」を掲載

2018年4月10日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の需給・価格動向レポート(平成30年4月9日版)」を公開。主要野菜の生産出荷状況、野菜の輸出入動向 を掲載している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(中央果実協会)「台湾における日本産果実の流通・消費の状況及び輸入促進に向けた諸課題に係る調査報告書」を掲載

2018年4月 9日

(公財)中央果実協会は、「台湾における日本産果実の流通・消費の状況及び輸入促進に向けた諸課題に係る調査報告書」を作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

JGAP指導員基礎研修<青果物・穀物コース>【宿泊実践研修】

2018年4月 6日

日時 :5月16日(水)~5月18日(金) 場所 :MOA大仁農場、MOA研修センター (静岡県伊豆の国市浮橋) 内容 :(一社)全国農業改良普及支援協会は、「JGAP指導員基礎研修<青果物・穀物コース>」((一財)日本GAP協会認定)を開催する。 この研修は、JGAP指導員基礎 … 全文を読む>>

「GoogleMapによる気象予測データを利用した農作物警戒情報」を平成30年度で終了

2018年4月 6日

東北農業研究センターと岩手県立大学で共同運用してきた「GoogleMapによる気象予測データを利用した農作物警戒情報」が、平成30年10月をもって運用を終了することとなった。 詳細はこちらから … 全文を読む>>