提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


米に関するマンスリーレポート(平成30年6月号)の公表

2018年6月 7日

●平成30年4月末現在の平成29年産米の集荷数量は、286万t。 ●契約数量は、前年同月と比較して▲16万tの260万t。契約比率は91%。 ●販売数量は、前年同月と比較して▲6万tの155万t。販売比率は54%。 ●平成30年4月末のうるち米の出荷及び販売段階における在庫は、対 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成30年産水稲の生育状況等について(6月4日現在)

2018年6月 6日

米穀安定供給確保支援機構は、6月4日現在の、主要産地における平成30年産水稲の生育状況等(第2報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年6月)について

2018年6月 5日

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年6月)について、主産地等から聞き取りを行い、その結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(北陸農政局)米の輸出について【「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」について(参加状況)】を掲載

2018年6月 4日

北陸農政局は、米の輸出について、5月31日時点の「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」の参加状況をホームページに掲載した。 (ア)戦略的輸出事業者(全国単位)   57事業者 (目標数量合計 13.3万t) (イ)戦略的輸出基地(北陸)  (1)団体・法人        91産地 … 全文を読む>>

平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成30年4月末現在)

2018年6月 1日

農林水産省は、平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年4月末)」、「民間在庫の推移(平成30年4月末)」について取りまとめた。 ●平成30年4月末現在の全国の集荷数量は286万t、契約数量は260万t、販売数量は155万tとなっている。 ●平成30年4月末現在の全国段階 … 全文を読む>>

(中国四国農政局)図表で伝える中国四国の農業「中国四国のみかん(平成29年産)」を掲載

2018年6月 1日

中国四国農政局は、図表で伝える中国四国の農業のページに、「中国四国のみかん(平成29年産)」を掲載した。 ●みかんの結果樹面積 愛媛県、広島県は28年産に比べそれぞれ1%、4%減少。上位県である和歌山県は1%、静岡県では2%の減少。 ●主要産地のみかんの品種(早生・普通)別結果樹 … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成30年6月)

2018年5月31日

6月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局  … 全文を読む>>

平成30年産米等の作付動向について(第2回中間的取組状況)

2018年5月31日

農林水産省は、平成30年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付動向について、第2回中間的取組状況(平成30年4月末現在)を取りまとめた。 (1)各都道府県の主食用米の作付動向(見込み:平成29年産実績と比較) 増加傾向6県 /前年並み傾向34県 /減少傾向7県 (2)各 … 全文を読む>>

ベトナム向け日本産玄米の輸出について ~日本からベトナムへ食用の玄米の輸出が可能となります~

2018年5月30日

ベトナム向けの日本産米輸出については、これまで精米については輸出が認められていたが、玄米については輸出が認められていなかった。 このため、農林水産省はベトナム植物検疫当局と協議を行ってきたところ、今般、食用の玄米についても精米と同様、植物防疫官による輸出検査を受け、植物検疫証明書 … 全文を読む>>

「平成29年度食育白書」の公表について

2018年5月30日

5月29日、「平成29年度食育推進施策」(平成29年度食育白書)が閣議決定された。 第1部 :食育推進施策をめぐる状況 第2部 :食育推進施策の具体的取組 第3部 :食育推進施策の目標と現状に関する評価 詳細はこちらから  … 全文を読む>>