提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年8月)

2017年9月13日

農林水産省は、平成28年産米の「相対取引価格・数量(平成29年8月)」について取りまとめた。 平成29年8月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で14,458円/玄米60kg(対前月差▲11円(▲0.1%))、相対取引数量は、全銘柄合計で6万tとなっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(東海農政局)「東海の麦をめぐる事情」(平成29年9月)を掲載

2017年9月13日

東海農政局は、「東海の麦をめぐる事情」(平成29年9月)をとりまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

米国向け日本産かき(柿)生果実の輸出解禁について ~日本から米国へのかき(柿)生果実の輸出が可能に

2017年9月12日

米国は、日本産かき(柿)生果実について、米国が侵入を警戒する病害虫がわが国で発生していることを理由に輸入を禁止していたが、日米間の植物検疫協議の結果、輸出植物検疫条件に合意し、日本産かき(柿)生果実の輸出を解禁することとなった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号9月号をホームページに掲載

2017年9月12日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号9月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『東南アジア(タイ、ベトナム)のタピオカでん粉需給動向』  (調査情報部 山下佳佑、伊佐雅裕、(現 畜産需給部)根本悠)  6月に実施した現地調査により得られた情報を中心に、日本の … 全文を読む>>

「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト構想」について

2017年9月11日

コメ・コメ加工品の輸出目標「600億円」の目標年次である平成31年に向け、農林水産省は、コメの輸出量を飛躍的に拡大するため、「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を立ち上げる。 また、本プロジェクトの参加を希望する輸出事業者も募集する。10月20日(金)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成28年新規就農者調査

2017年9月11日

平成28年の新規就農者は6万150人で、2年連続で6万人を超えた。このうち49歳以下は2万2050人で、平成19年以降では前年に次いで2番目に多く、3年連続で2万人を超えた。 また、就農形態別にみると、新規自営農業就農者は4万6,040人、新規雇用就農者は1万680人、新規参入者 … 全文を読む>>

(東北農政局)東北地域の県別・品目別食料自給率(カロリーベース)の試算を更新

2017年9月 8日

東北農政局は、平成27年度の東北地域の県別・品目別食料自給率(カロリーベース)の試算を掲載。 ●平成27年度の食料自給率(カロリーベース)は、各県とも全国に比べて高い水準にある。 ●東北の食料自給率は、平成26年度から1ポイント低下し、109%となった。品目別にみると、米の自給率 … 全文を読む>>

(新農機)『駆動式水田除草機に関する現地セミナー』の実施報告を掲載

2017年9月 8日

新農業機械実用化促進(株)は、8月23日に開催された「平成29年度駆動式水田除草機に関する現地セミナー」実施報告書をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)畜産関係の「海外情報」、「統計資料」を更新(「畜産」メールマガジンNo.120)

2017年9月 7日

「畜産」メールマガジンNo.120 平成29年9月6日号より (独)農畜産業振興機構は、畜産関係の「海外情報」、「統計資料」を更新。 1.海外情報 2.統計資料  ●国内統計   各種需給表を更新しました。  ●海外統計   世界各国の統計を更新しました。 3. お知らせ   … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)野菜小売価格動向調査の結果(平成29年8月)を掲載

2017年9月 7日

(独)農畜産業振興機構は、野菜小売価格動向調査の結果(平成29年8月)をホームページに掲載した。本調査は、国の主要9都市(中央卸売市場のある札幌市、仙台市、東京23区、名古屋市、金沢市、大阪市、広島市、高松市及び福岡市)にて1都市につき10店舗の量販店等で価格調査を実施した結果を … 全文を読む>>