提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農林水産省)「平成28年地球温暖化影響調査レポート」を公表

2017年9月28日

農林水産省は、平成28年1月~12月を調査対象期間とした地球温暖化に伴う農業生産への影響に関する実態調査を実施し、「平成28年地球温暖化影響調査レポート」として取りまとめ、公表した。 レポートは、各都道府県の協力を得て、農業生産現場での高温障害など地球温暖化によると考えられる影響 … 全文を読む>>

平成29年産麦類(子実用)の作付面積(全国)及び収穫量(都府県)

2017年9月28日

●全国における4麦計(子実用)(小麦、二条大麦、六条大麦及びはだか麦)の作付面積は27万3,700haで、前年産に比べ2,200ha(1%)減少した。このうち、小麦は21万2,300haで、前年産に比べ2,100ha(1%)減少した。 ●都府県における4麦計(子実用)の収穫量は4 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新(「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.118)

2017年9月27日

「砂糖類・でん粉」メールマガジンNo.118 平成29年9月26日号より (独)農畜産業振興機構は、砂糖類・でん粉関係の「海外情報」、「地方事務所だより」及び「統計資料」を更新。 1.海外情報 2.地方事務所だより 3.統計資料  ●砂糖国内統計   異性化糖等糖化製品市中相場( … 全文を読む>>

平成29年産米の農産物検査結果(速報値)(平成29年8月31日現在)

2017年9月26日

8月31日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で243.5千tで、7月31日現在と比べ230.2千t増加。水稲もち玄米は6.5千tで7月31日現在と比べ6.5千t、醸造用玄米は0.5千tとなり0.5千t増加している。 平成26年度から検査対象となった飼料用もみは1.1千t、飼料用玄米 … 全文を読む>>

平成29年産麦の農産物検査結果(速報値)(平成29年8月31日現在)

2017年9月26日

平成29年産麦類の検査数量は、8月31日現在で651.8千tで、前年同期比124.2%となっている。 種類別は以下の通り。 普通小麦  474.6千t (前年同期比132.1%) 普通小粒大麦 48.8千t (同 92.7%) 普通大粒大麦 63.7千t (同115.3%) 普通 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(平成29年8月分)

2017年9月26日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年8月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,340g。うち「家庭内消費量」が3,060g(前月比-43g)、「中食・外食の消費量」は1,280g(前月比-41g) ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケッ … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号10月号をホームページに掲載

2017年9月25日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号10月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『地域に根差した伝統野菜 ~在来きゅうりを事例として~』    (伝統野菜プロジェクト副代表(食生活ジャーナリスト) 脇ひでみ)  地方には、自家採種しながら作り続けてきた伝統野菜が残って … 全文を読む>>

米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成29年9月)の公表

2017年9月22日

農林水産省は、米先物取引の試験上場について、その価格動向、取引量の動向、取引参加者の状況、その他関連する情報を収集・整理した「米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成29年9月)」を取りまとめた。 ●本レポート期間(平成29年6月~8月)における米の先物価格(期先限月) … 全文を読む>>

(北海道農業研究センター)地域に根ざした小麦品種の育成を目指して更別農業高等学校などと共同研究契約締結

2017年9月22日

北海道農業研究センターは、(一社)北海道熱中開拓機構、更別村、および北海道更別農業高等学校と「十勝地域に適応した新規用途向け小麦品種の開発」を目的として共同研究契約を締結した。 この共同研究契約の締結により4つの担当機関がそれぞれの得意分野を生かして、地域産業の創成に取り組むこと … 全文を読む>>

米穀安定供給確保支援機構)POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年8月分)を公表

2017年9月21日

米穀安定供給確保支援機構は、POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年8月分)を公表。特記事項は以下の通り。 (1)平均価格(税込)は、378円/kg(対前月+2円、同前年同月+24円)となり、前年同月比では22カ月連続して前月を上回っている。販売数量は58.2(kg/ … 全文を読む>>