提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜の入荷量と価格の見通し(平成29年8月)

2017年7月31日

8月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

(日本茶輸出促進協議会)「輸出先国での日本茶消費実態調査及び流通緑茶収集調査」報告書データを公開

2017年7月31日

日本茶輸出促進協議会は、「輸出先国での日本茶消費実態調査及び流通緑茶収集調査」について、報告書データを作成、ホームページに掲載した。 報告書内容 1.茶の消費動向に関する消費者アンケート調査の国別結果 2.日本産緑茶の試飲調査の国別結果 3.海外で販売されている緑茶の収集 《参考 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援協会)POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成29年4~6月分)を公表

2017年7月31日

米穀安定供給確保支援協会は、POSデータをもとにした米代替品等の情報(平成29年4~6月分)をホームページに掲載。 特記事項は以下の通り。 (1)パンの金額は、前期比、前年同期比ともに上回っている。 (2)麺類の金額は、前期比、前年同期比ともに上回っている。数量は、前期比並となっ … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年8月)

2017年7月28日

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年8月)について、主産地等から聞き取りを行い、結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成29年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

2017年7月28日

西南暖地の早期栽培の作柄は、高知県及び宮崎県で『やや良』、鹿児島県で『良』が見込まれる。 沖縄県の第一期稲の作柄は、田植期以降の低温・日照不足や虫害等の影響により『やや不良』が見込まれる。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

遺伝子組換えカイコの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)

2017年7月28日

農林水産省は、遺伝子組換えカイコの一般使用に関する承認申請1件を受け、生物多様性影響評価を行い、その際学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得た。この意見を踏まえ、申請書類に記載されている内容の妥当性を確認したので、審査報告書をまとめた。 これらの審査報 … 全文を読む>>

平成29年度 病害虫発生予報 第5号(水稲特集)

2017年7月27日

農林水産省は、平成29年度病害虫発生予報第5号(水稲特集)を発表。向こう1カ月の主要な病害虫の発生予察情報は以下のとおり。 東北から九州に亘る地域で、斑点米カメムシ類の発生が多くなると予想されている。特に、移動性の高い飛翔性のアカスジカスミカメ及びアカヒゲホソミドリカスミカメの発 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号8月号をホームページに掲載

2017年7月27日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号8月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『EUの養豚・豚肉産業 ~多様な産地と経営体~』   (調査情報部 国際調査グループ)  EUはわが国にとって主要な豚肉供給国ですが、スペインなどの台頭で国別輸入シェアがこの10年間で大き … 全文を読む>>

平成29年産麦の農産物検査結果(速報値)(平成29年6月30日現在)

2017年7月27日

平成29年産麦類の検査数量は、6月30日現在で132.0千tで、前年同期比110.6%となっている。 種類別では、以下の通り。 ・普通小麦68.9千t(前年同期比114.0%) ・普通小粒大麦17.9千t(同72.3%) ・普通大粒大麦25.6千t(同131.3%) ・普通はだか … 全文を読む>>

米の消費動向調査結果(平成29年6月分)

2017年7月27日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成29年6月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,802g。うち「家庭内消費量」が3,382g(前月比-61g)、「中食・外食の消費量」は1,420g(前月比+51g) ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケッ … 全文を読む>>