提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(岡山大学ほか)味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明

2017年05月26日

岡山大学と、理化学研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、自然科学研究機構分子科学研究所、東北大学、大阪大学の共同研究グループは、口の中で味物質の感知を担う味覚受容体タンパク質について、受容体の主要部分である細胞外のセンサー領域が、味物質を結合している状態の構造を解明することに成功した。
この研究成果は、味覚受容の最初の反応である、受容体と味物質との相互作用を原子レベルで初めて捉えたものであり、味覚の仕組みを理解する重要な一歩になるとともに、新しい味物質の開発などにもつながると期待される。


詳細はこちらから