提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(植物防疫所)平成27年に実施したウメ輪紋ウイルスの病気の発生に係る調査結果について

2016年09月09日

植物防疫所は、平成27年に実施したウメ輪紋ウイルスの病気の発生に係る調査結果をホームページに掲載した。


●調査対象植物
ウメ、モモ、スモモ、セイヨウスモモ、ネクタリン、アンズ、オウトウその他のPrunus属の植物(サクラ節を除く)
●調査時期
平成27年2月~9月


全国調査については、全国47都道府県の主要な生産園地、観光園地等で調査を実施した結果、岐阜県池田町、愛知県一宮市及び大阪府堺市、大阪狭山市、東大阪市のウメで感染を確認したことから、これらの地域において感染植物特定調査を行った。なお、確認された感染植物については、平成28年3月末までに防除対策(抜根・焼却・枝打ち。以下同じ)がなされた。


その他、詳細はこちらから

▼ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除についてのページはこちら