提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成27年度食料自給率及び食料自給力指標について

2016年08月02日

カロリーベース食料自給率は、平成27年度においては、魚介類の国内生産及び自給率の高い米の消費が減少する一方、小麦及びてん菜の国内生産が増加したことから、前年度と同率の39%となった。

生産額ベース食料自給率は、平成27年度においては、野菜及び畜産物の国内生産額が増加したことから、前年度から2ポイント上昇の66%となった。

食料自給力指標は、全体として昨年度から微減となっており、昨年と同様に、米小麦大豆中心型では、推定エネルギー必要量(2,146kcal)を下回るものの、いも類中心型では、推定エネルギー必要量を上回っている。


詳細はこちらから