提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「平成28年度 病害虫発生予報第2号」の発表

2016年05月25日

農林水産省は、平成28年度病害虫発生予報第2号を発表。向こう1カ月の主要な病害虫の発生予察情報は以下のとおり。

●先月より全国的に気温が高い傾向が続いていることから、病害虫の発生に注意が必要となる。
●全国の病害虫の発生動向としては、麦類では赤かび病、たまねぎではべと病、いちごではハダニ類、きゅうりではべと病、トマトでは灰色かび病の発生が多くなると予想される。
●キウイフルーツかいよう病、モモせん孔細菌病の早期発見に努め、適宜、発病部位の除去、薬剤防除を実施するなど、病害のまん延防止に努めるようにする。


詳細はこちらから