提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成28年産飼料用米、麦、大豆等の作付動向について(中間的な取組状況)

2016年05月18日

農林水産省は、平成28年産飼料用米、麦、大豆等の作付動向について、平成28年4月末現在の中間的な取組状況を取りまとめた。

(1)飼料用米
 増加傾向 34県 / 前年並み傾向 4県 /減少傾向 8県
(2)WCS(稲発酵粗飼料)
 増加傾向 24県 /前年並み傾向 15県 /減少傾向 7県
(3)麦(二毛作を含む)
 増加傾向 16県 /前年並み傾向 10県 /減少傾向 20県
(4)大豆(二毛作を含む)
 増加傾向 20県 /前年並み傾向 8県 /減少傾向 18県


各県の主食用米の生産数量目標等の達成見込みは以下の通り。
・自主的取組参考値までの深掘が見込まれる 21県
・生産数量目標の達成が見込まれる 13県
・生産数量目標の達成に向けて更なる取組が必要 12県
引き続き、主食用米から飼料用米、麦、大豆、野菜等への転換や、そのための環境整備を図り、需要に応じた生産を推進することが必要となっている。


詳細はこちらから