提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


食品ロス統計調査・世帯調査(平成26年度)

2015年05月07日

平成26年度における世帯食の食品ロス率は3.7%となった。
食品ロスの発生要因別にみると、過剰除去によるものが2.0%、食べ残しによるものが1.0%、直接廃棄によるものが0.7%となっている。
世帯員構成別に食品ロス率をみると、「単身世帯」では4.1%、
「2人世帯」では4.0%、「3人以上世帯」では3.4%で、「単身世帯」の食品ロス率が最も高くなっている。


詳細はこちらから