提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


新品種を軸に国内産コメ事業に参入 ~最大1.5倍の収量とおいしさを両立、生産者に魅力あるコメ生産を目指す~

2015年01月28日

豊田通商(株)は、2015年から、新品種を軸に国内産コメ事業に参入、豊田通商が出資する水稲種子開発ベンチャー「(株)水稲生産技術研究所」が権利を持つ新品種を用いて、契約栽培からコメの販売までを一貫して行う。
2012年から、新品種の生産基盤の確立を目的に、各地の農協や農業生産法人などの協力の下試験栽培を行い、栽培方法の最適化を図ってきた。2014年には、17県・約100haで栽培、一定の増収を見込めるようになったことから、2015年より順次商業栽培に切り替える。今後はさらに多くの生産者を募り、5年後には2,700haの作付け、約2万tのコメの取り扱いを計画している。


詳細はこちらから