提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(畜産草地研究所)温室効果ガス発生量が少なく窒素除去効果も高い炭素繊維担体を利用した畜舎汚水浄化処理技術を開発

2015年01月21日

農研機構は、家畜ふん尿の汚水浄化処理過程から排出される一酸化二窒素を抑制する技術を開発した。
この技術は、微生物が付着する炭素繊維担体を現行の活性汚泥処理施設に追加投入するだけで導入でき、さらに従来法よりも処理水中の窒素を大幅に低減できる。今後は、実規模装置での検証と運転条件の最適化を進める。


詳細はこちらから