提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


イネのDNAマーカー育種の利用促進に向け情報を一元化 -イネの品種改良の効率化に貢献-

2014年12月12日

農研機構農業生物資源研究所が連携して運営する、バーチャル組織「作物ゲノム育種研究センター」は、育種関係者によるDNAマーカーの開発状況の把握を容易にし、イネのDNAマーカー育種の利用を促進するため、これまでに開発されたイネのDNAマーカー約100種類について、標的とする形質・特性、活用するポイント等を一元化して整理したウェブページを公開した。


詳細はこちらから