提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トマトとウイルスの生き残り戦略を解明 -新たな抗ウイルス剤の開発に活用へ-

2014年08月22日

(独)農業生物資源研究所、大阪大学、岩手医科大学は、Tm-1タンパク質がToMVタンパク質に結合した複合体の立体構造を明らかにし、トマトの抵抗性とToMVの増殖性の関係がどのような差異で生じているかを解明した。
この研究成果を活用して、現在ウイルスの増殖を阻害する抗ウイルス剤の開発を進めている。


詳細はこちらから