提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「平成25年新規就農者調査」を公表

2014年08月12日

農林水産省は、「平成25年新規就農者調査」を公表。

平成25年の新規就農者数は5万810人で、平成22年以降は5万人台で推移している。
49歳以下の新規就農者数の推移をみると、平成20年から約1万8千~2万人の水準で推移している。

49歳以下の新規就農者について就農形態別にみると、
①新規自営農業就農者(標本調査)は平成22年以降1万人台で推移、
②新規雇用就農者(標本調査)は農の雇用事業を開始した平成20年以降約6~7千人で推移、
③新規参入者(全数調査)は、平成23年までは約1千人で推移したが、青年就農給付金事業を開始した平成24年に2千人を超え、平成25年も同様の水準となっている。


詳細はこちらから