提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構ほか)夏季に北日本水田地帯で発生が見られる巣箱周辺でのミツバチへい死の原因について

2014年07月22日

(独)農研機構と(独)農業環境技術研究所は、夏季に北日本水田地帯で発生が見られる巣箱周辺でのミツバチへい死について調査し、水田で斑点米カメムシ防除のために散布される殺虫剤に曝露されたことが原因である可能性が高いことを明らかにした。
今後は、殺虫剤への曝露による影響を緩和するため、曝露経路の特定やミツバチ群を水田に訪れさせないための技術開発を行う。


詳細はこちらから