提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


集落営農活動実態調査(平成26年3月1日現在)

2014年06月27日

●集落営農の総収入の状況をみると、総収入が3,000万円以上ある組織の割合は27.7%となっている。これを組織形態別にみると、法人では40.2%、任意組織では22.3%となっている。

●新たな農産物の生産予定状況をみると、「生産する予定あり」が全国では32.0%となっている。これを組織形態別にみると、法人では40.3%、任意組織では28.3%となっている。また、主な生産予定農産物を組織形態別にみると、新規需要米の取組が法人では 17.4%、任意組織では13.0%とそれぞれ最も高くなっている。


詳細はこちらから