提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「担い手農家の経営革新に資する稲作技術」の募集

2014年01月24日

農林水産省は、今後、担い手への農地集積・集約化を進めていくに当たり、農地を集積した担い手の経営革新(低コスト化・高収益化)に資する稲作技術の選択肢として、担い手向けの稲作技術カタログを作成するため、「担い手農家の経営革新に資する稲作技術」を募集。2月14日(金)17:00締切(必着)。


●募集対象技術
担い手農家の稲作経営において、
(1)労働費の低減(労働時間の短縮、1人当たり作業面積の拡大)
(2)物材費の低減(資材、農機具、施設コスト等の低減)
(3)売上げの拡大(販売単価の向上、10a当たり収量の増大)に資する技術(技術には、栽培技術、品種、資材、農機具、施設等も含む)。


詳細はこちらから