提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


中山間地域等直接支払制度の中間年評価の結果

2013年07月02日

農林水産省は、中山間地域等直接支払制度の中間年評価の結果を取りまとめた。


●協定毎の総合評価結果
全集落協定27,352のうち、「優」、「良」と評価されたのは98%であり、取組はおおむね順調と考えられる。

●集落協定に規定された活動項目毎の評価
各活動とも、おおむね9割以上が、「優良」、「適当」と評価されている。集落へのアンケートによると、集落協定の締結により、「高齢者の活動が活発になった」、「寄り合いの回数が増えた」との意見が多く寄せられており、本制度が地域社会の維持・発展にも貢献していると考えられる。

●個別協定の評価結果
全個別協定497のうち、「優」、「良」と評価された協定は約半数に留まったが、個々の活動については「優良」「適当」と評価されたものがほぼ全数を占め、活動は順調に実施されている状況となっている。

●評価結果の総括
制度全体についておおむね高い評価が得られたところであり、今後国としては本評価結果を踏まえ、平成26年度に向け、引き続き市町村、都道府県と連携して取組を進めていきたいと考えている。


詳細はこちらから