提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(畜産草地研究所)「既存の穀物用施設を活用した籾米サイレージ調製技術マニュアル」を作成

2012年12月28日

畜産草地研究所は、「既存の穀物用施設を活用した籾米サイレージ調製技術マニュアル」を作成。農林水産省委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」
(国産飼料プロ、平成22~26年)、2系「飼料用の稲麦二毛作体系を基軸とした持続的な飼料生産技術の開発-飼料用米のソフトグレインサイレージ調製技術の開発チーム」によって得られた成果をもとに取りまとめられている。ホームページからのダウンロードも可能。


詳細はこちらから