提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農業生物資源研究所ほか)殺虫性タンパク質に抵抗性を示す昆虫遺伝子を発見

2012年07月10日

(独)農業生物資源研究所、佐賀大学及び米国ロードアイランド大学は共同で、カイコを用いてBt毒素抵抗性の原因遺伝子の1つを突き止めた。消化管で働くABCトランスポーターのタンパク質にアミノ酸1個が挿入されると、カイコはBt毒素抵抗性になることがわかった。 BT剤に対する害虫の抵抗性の多くは、ABCトランスポーターの変異が原因と推定され、抵抗性発達の原因究明や対応方法研究の進展が期待される。


詳細はこちらから