提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農業環境技術研究所)農業環境中に存在する放射性核種の一般公開システムについて

2012年04月23日

(独)農業環境技術研究所は、長期にわたり、主要穀類である米・麦及び農耕地土壌に存在する重要人工放射性核種、90Sr と137Csの濃度変動を測定してきた。この結果を 「主要穀類および農耕地土壌の90Sr と137Cs分析データ一般公開システム」 にまとめ、ホームページに掲載した。 他、畜産草地研究所がまとめた「牛乳中の90Srと137Cs分析データ一般公開システム」 、動物衛生研究所がまとめた「家畜の骨中90Sr分析データ一般公開システム」もあわせて掲載されている。


詳細はこちらから