提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成23年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)

2011年10月28日

●平成23年産水稲の作付面積(子実用)は157万4,000haで、前年産に比べ5万1,000ha(対前年産比3%)減少。主食用作付見込面積は152万6,000haが見込まれる。

●10月15日現在の水稲の作柄は、全もみ数がおおむね平年並みに確保され、登熟もおおむね順調に推移していることから、全国の10a当たり予想収量は533kg(作況指数101)が見込まれる。

●以上の結果から、予想収穫量(子実用)は839万7,000t、また、主食用作付見込面積に10a当たり予想収量を乗じた予想収穫量(主食用)は813万4,000tが見込まれる。


詳細はこちらから