提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


第6回「アグリフードEXPO東京2011」 開催される

2011年08月05日

「第6回アグリフードEXPO東京2011」((株)日本政策金融公庫主催)が8月2、3日の2日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開かれた。国産農産物の展示商談会として年々、前年を上回る出展者、来場者を集めているが、今年は564社が出展。来場者は1万3千人を超えた。


  


  


生産者が農産物を使って食品や商品を開発、販売を行っている例や、製造・加工業者が地元産農産物を自社製品に利用して「地産地消」を前面に売り込む例など、素材の売り込みのみならず、付加価値をプラスした提案が増えている。包装デザインや見せ方も、回を重ねるにつれ、洗練されてきた印象。


  


  


また、今年の商談引合件数は、約7000件にのぼるという。出展・来場両者にとって、国産農産物がビジネスチャンスになりつつあると思われる。(みんなの農業広場事務局)