提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成22年産西洋なし、かき、くりの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2011年04月25日

●西洋なしの収穫量は2万6,200tで、果実肥大期の高温・少雨に伴う果実の肥大の抑制等により10a当たり収量が低下したこと等から、前年産に比べて7,400t(22%)減少した。

●かきの収穫量は18万9,400tで、和歌山県、奈良県、福岡県等で開花期の天候不順に伴う結果数の減少等により10a当たり収量が低下したこと等から、前年産に比べて6万8,600t(27%)減少した。

●くりの収穫量は2万3,500tで、茨城県、熊本県等で開花期の天候に恵まれ結毬(きゅう)数の増加等により10a当たり収量が上昇したことから、前年産に比べて1,800t(8%)増加した。


詳細はこちらから