提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


戸別所得補償制度に関する意識・意向調査の結果を公表

2011年04月11日

農林水産省は、「戸別所得補償制度に関する意識・意向調査結果」(平成22年度農林水産情報交流ネットワーク事業 全国アンケート調査)について取りまとめをおこなった。

●モデル対策に対する評価については、モデル対策加入者の4人に3人は制度を継続すべきと回答。評価の理由は、「主食用米に交付金が出ることで、経営の安定に役立ったと思うから」が最も多くなっている。

●23年度の米の所得補償に対する加入意向については、8割が加入するとの回答で、22年度の米のモデル事業に加入した方(516人)より21人増加。理由としては、「米の所得補償交付金をもらう方が
有利」とする回答が最も多くなっている。


詳細はこちらから