提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成22年産てんさいの作付面積及び収穫量(北海道)

2011年02月07日

作付面積は6万2,600haで、前年産に比べて1,900ha(3%)減少した。
10a当たり収量は4,940kgで、前年産に比べて13%下回った。これは、生育期間における高温及び多雨の影響により、褐斑病、黒根病等の被害が多発したこと等による。なお、10a当たり平均収量対比は80%であった。
収穫量は309万tで、前年産に比べて55万9,000t(15%)減少した。


詳細はこちらから