提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トピックス2010年02月


平成21年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2010年2月26日

●日本なし 日本なしの収穫量は31万7,900tで、開花期、生育期の天候不順の影響等により前年産に比べて1万300t(3%)減少した。 ●ぶどう ぶどうの収穫量は20万2,200tで、前年産並みとなった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成21年度病害虫発生予報第10号の発表

2010年2月24日

平成21年度の病害虫発生予報第10号が発表された。向こう1カ月の主要な病害虫の発生動向についての予察および、病害虫防除に関する栽培管理について、解説されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年度耕作放棄地解消に係る導入作物事例

2010年2月23日

近畿農政局は、「耕作放棄地解消計画」の実効性を高めるための資料として、近畿管内における耕作放棄地解消に係る導入作物の事例を収集、ホームページに、掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

春さきどり「南房総・食と花」取材会で千葉県産品をPR

2010年2月22日

 千葉県は、東京都に隣接するという立地ながら、農業が盛んである。農業産出額は全国3位の4216億円で、販売額全国第一位をほこる園芸品目はダイコン、カブ、かんしょ、日本なしなど、多岐にわたる(数字は平成20年)。       2月16日、千葉県農林水産部は、春さきどり「南房総・食と … 全文を読む>>

(東北農政局)地産地消優良活動団体の東北農政局長賞 決定

2010年2月22日

東北農政局は、東北地域の地産地消活動の助長・発展のため、平成17年度から、地域の個性を活かした創造的で、将来性があると認められる地産地消活動を行う団体等を表彰し、東北農政局長賞を授与している。第5回目となる平成21年度は、3団体が表彰されることとなった。 ・はなやか亭  (宮城県 … 全文を読む>>

FOOD ACTION NIPPON アワード2009 審査結果発表

2010年2月19日

FOOD ACTION NIPPONアワードは、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の優れた取組みを表彰するもの。このほど、2009年の審査結果が発表された。 ●大賞/農林水産大臣賞(ダブル受賞) 飼料用米の活用が日本を救う!  常盤村養鶏農業共同組合 (青森県) ●プロダク … 全文を読む>>

東北発!お米の粉を使ったスイーツコンテスト 受賞作品発表!

2010年2月18日

東北農政局は、お米の粉を使ったスイーツコンテストの受賞作品を発表した。 ●東北農政局長賞 「スイーツ白雪姫」 吉田紀子(秋田県) ●東北米粉利用促進連絡協議会長賞 「角切りリンゴとひとめぼれのケーキ ~宮農バージョン~」 三浦蕉子、赤間美咲、川村瑞希(宮城県) (敬称略) ホーム … 全文を読む>>

(日本穀物検定協会)平成21年産米の食味ランキングを公表

2010年2月17日

日本穀物検定協会は、21年産米の食味ランキングを公表した。米の食味ランキングは、炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から毎年全国規模の産地品種について実施している。平成21年産米については、125産地品種について食味試験を実施した。 詳細はこち … 全文を読む>>

新潟クボタ大豆研究会 平成21年度総括検討会を開催 ~大豆300Aプロジェクト~

2010年2月16日

 大雪に見舞われた新潟県内(上越市、新潟市)で、2月4日、5日に「新潟クボタ大豆研究会 平成21年度総括検討会」が開かれた。両日とも約200名の関係者が集まって、今年度の大豆300Aプロジェクトの成果を検討した。5日、新潟市内(東北電力ビッグスワンスタジアム)で開かれた検討会の様 … 全文を読む>>

(野菜と文化のフォーラム)2010年度「野菜の学校」 受講生募集

2010年2月15日

NPO法人野菜と文化のフォーラムが主催する「食べておいしさを知る野菜の学校」(以下「野菜の学校」)が、2010年度の受講生を募集する。来期のテーマは「伝統野菜・地方野菜」。 期間 : 2010年4月~2011年3月      原則として毎月第1土曜日開講。 受講料など、詳細はこち … 全文を読む>>

「地域の恵みを地域で食べよう!」地産地消メールマガジンの創刊

2010年2月12日

農林水産省は、各地の地産地消の取組みのさらなる発展を目的として、地産地消に関するメールマガジンを発行。関連施策の最新情報や各地域の関連イベント情報、全国各地の優れた地産地消活動の紹介等を行う。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成21年産かんしょの作付面積及び収穫量

2010年2月10日

●作付面積 作付面積は4万500haで、前年産並みとなった。 ●10a当たり収量 10a当たり収量は2,530kgで、前年産を2%上回った。なお、10a当たり平均収量対比は、101%であった。 ●収穫量 収穫量は102万6,000tで、前年産に比べて1万5,000t(1%)増加し … 全文を読む>>

平成21年産春植えばれいしょの作付面積、収穫量及び出荷量

2010年2月10日

●春植えばれいしょ(北海道)の収穫量 収穫量は187万9,000tで、7月中旬以降の低温、日照不足の影響により、前年産に比べて25万2,000t(12%)減少。 ●春植えばれいしょ(全国)の収穫量 平成21年12月10日に公表した春植えばれいしょ(都府県)の結果を加えた全国の収穫 … 全文を読む>>

ポテトスピンドルチューバ-ウイロイド(PSTVd)によるダリア苗の病気の発生と対応

2010年2月10日

山梨県内の花き栽培施設で、試験的に栽培中のダリア苗について、ポテトスピンドルチューバーウイロイド(PSTVd)の感染が確認された。今後、同施設及び関連ほ場において詳細な現地調査を行い、根絶対策を実施する。また、感染経路の特定のための調査を行う。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(関東農政局)流通加工業者モニター及び消費者モニターの募集

2010年2月 9日

農林水産省は、農林水産行政の円滑かつ効率的な推進、農林水産業の振興及び農山漁村地域の活性化を図るため、生産者、流通加工業者及び消費者と行政担当者の情報交流が可能となる人的ネットワークを構築し、活発な情報の交流活動を行っているが、関東農政局は、このほど、この活動に協力いただく「流通 … 全文を読む>>

麦製品等の取引価格の推移(平成21年12月)

2010年2月 9日

●小麦粉の取引価格 卸売価格のうち、業務用については、平成21年10月の政府売渡価格の改定等により、下落しているが、家庭用については、前月(同年11月)と同水準となっている。小売価格については、特売等により下落している。 ●精麦の取引価格 卸売価格については、前月(同年11月)と … 全文を読む>>

(日本橋三越本店)シーズナルプロモーション〈2月〉 「ほうれん草」特集 開催中

2010年2月 8日

日本橋三越本店で、2月1日(月)~2月28日(日)までの1カ月間、(独)農研機構 東北農業研究センターで研究開発された「寒締めほうれん草」を使用した限定メニューが提供される。 詳細はこちらから(日本橋三越本店のページへ)  … 全文を読む>>

(東海農政局)「消費者の部屋」市民講座開催

2010年2月 5日

東海農政局は、1月20日(水)~2月23日(火)の間、愛知県図書館1階AVホールにおいて、食料・農業に関する事項を広くテーマとして扱う市民講座を開催する。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく防除の公示の一部改正

2010年2月 4日

わが国におけるジャワマングースの生息地は、鹿児島県奄美大島及び沖縄県沖縄島のみと考えられてきたことから、農林水産大臣及び環境大臣は、「鹿児島県奄美大島及び沖縄県沖縄島」を当該防除の対象地域として防除を行ってきたが、昨年、鹿児島県鹿児島市においても、その生息が確認された。 当該種は … 全文を読む>>

平成21年産飼肥料作物の作付(栽培)面積

2010年2月 4日

作付(栽培)面積は100万8,000haで、前年産並み。うち、飼料用の作付(栽培)面積は90万1,500haで、前年産並みとなった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成21年産そばの作付面積及び収穫量

2010年2月 3日

●作付面積 全国の作付面積は4万5,400haで、前年産に比べて1,900ha(4%)減少した。うち、主産県の作付面積は3万7,800haで、前年産に比べて2,000ha(5%)減少した。 ●10a当たり収量 主産県の10a当たり収量は40kgで、10a当たり平均収量対比は60% … 全文を読む>>

平成21年産てんさいの作付面積及び収穫量(北海道)

2010年2月 3日

●作付面積 作付面積は6万4,500haで、前年産に比べて1,500ha(2%)減少した。 ●10a当たり収量 10a当たり収量は5,660kgで、前年産に比べて12%下回った。10a当たり平均収量対比は90%であった。 ●収穫量 収穫量は364万9,000tで、前年産に比べて5 … 全文を読む>>

(自然農法国際研究開発センター)本科研修生の2次募集を開始

2010年2月 2日

(財)自然農法国際研究開発センターは、22年度本科研修生の2次募集を行う。 募集期間 :1月30日(土)~2月10日(水) 募集コース :水稲コースのみ 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農業経営統計調査 平成20年 個別経営の経営形態別経営統計(経営収支)

2010年2月 2日

平成20年の農業生産物の販売を目的とする農業経営体(個別経営)の全国1経営体当たり農業所得は108万円で、前年に比べて9.5%減少した。これに農外所得、年金等収入を加えた総所得は466万円で、前年に比べて3.7%減少した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農業経営統計調査 平成20年 個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)

2010年2月 2日

●水田作経営(全国)の1経営体当たり農業所得は39万円で、前年に比べて5.6%増加した。 ●畑作経営(全国)の1経営体当たり農業所得は230万円で、前年に比べて4.9%減少した。 ●露地野菜作経営(全国)の1経営体当たり農業所得は178万円で、前年に比べて2.3%増加した。 ●酪 … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成22年2月)

2010年2月 1日

2月の野菜の入荷量と卸価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局  … 全文を読む>>