提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


主な野菜の生産状況と今後の出荷見込み(ねぎ、ほうれんそう他7品目)

2010年08月10日

7月の降雨、高温等の影響により、キャベツ、レタス、にんじんについては、平年より高めに推移している。 (独)農畜産業振興機構は、これらの野菜の産地の状況と今後の生産・出荷見込み等について、産地情報調査員等から聞き取りし、取りまとめたものをホームページに掲載した。


キャベツ、レタスについては、今後出荷量が回復し、8月中旬には価格が落ち着く見込み。
たまねぎ、にんじんについては、北海道の本格的出荷が始まる8月下旬から、落ち着いてくる見込み。
ねぎ、なすについても、今後は落ち着いてくる見込みで、ばれいしょは昨年のような高騰はないものの、やや高めで推移し、ほうれんそうは高温の影響でしばらく高値が続く見込みとなっている。


詳細はこちらから