提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成22年産 水稲の作柄表示地帯別10a当たり平年収量

2010年07月01日

平成22年産水稲の都道府県別10a当たり平年収量は、前年産に比べ、収量水準の高い品種の作付割合が増加したことが主な要因で、5府県が引き上げとなった。なお、全国では前年産と同じ530kgと
なっている(3月17日公表)。
今回、作柄表示地帯別10a当たり平年収量については、都道府県別の値を基に、当該地帯における生産事情を総合的に検討した結果、8地帯で引き上げとなった。

詳細はこちらから