提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


飼料用イネなどが一部の除草剤に弱いことが判明

2010年03月31日

(独)農研機構 中央農業総合研究センターは、飼料用イネなど新規需要米向けに開発された水稲品種の中に、ある特定の成分を含む除草剤を使うと、場合によっては枯れてしまうほどの影響が生じる7つの品種があることを明らかにした。


●除草剤成分の影響を強く受ける7つの水稲品種
 ・「ハバタキ」
 ・「タカナリ」
 ・「モミロマン」
 ・「ミズホチカラ」
 ・「ルリアオバ」
 ・「おどろきもち」
 ・「兵庫牛若丸」

●注意すべき3つの除草剤成分
 ・ベンゾビシクロン
 ・メソトリオン
 ・テフリルトリオン


詳細はこちらから