提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成21年国内産米穀のカドミウム含有状況の調査結果

2010年01月19日

過去の調査において、0.4ppm以上のカドミウムが検出された米穀を生産した地域のうち、水管理によるカドミウム低減効果を引き続き確認する必要のある地域から採取した米穀試料30点を対象に、カドミウム分析を行った結果、分析を行ったすべての試料のカドミウム濃度は0.4ppm未満であり、水管理によるカドミウム低減効果が確認された。


詳細はこちらから