提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トピックス2009年06月


平成20年農業物価指数(平成17年基準)公表

2009年6月30日

1.農産物価格指数(平成17年=100) 平成20年の農産物価格指数(総合)は97.7で、前年に比べ0.1%の上昇となった 2.農業生産資材価格指数(平成17年=100) 平成20年の農業生産資材価格指数(総合)は113.6で、前年に比べ7.6%の上昇となった。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(花き研究所)ユリの強い香りを抑える方法を開発 -香りを抑えて需要拡大-

2009年6月29日

(独)農業・食品産業技術総合研究機構は、開花前のユリの切り花に薬液を吸わせるだけで香りを抑える方法を開発した。処理により香りの量は軽減され、効果は開花中続く。香りを抑えることにより、ユリの需要拡大が期待できる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(野菜茶業研究所)レタスビッグベイン病に強い高品質レタス品種を育成

2009年6月26日

レタスビッグベイン病抵抗性新品種「フユヒカリ」 農研機構 野菜茶業研究所、東北農業研究センター、近畿中国四国農業研究センターは、レタスビッグべイン病に対し、既存の抵抗性品種よりも強い抵抗性を持つ、秋まき厳寒期どり用のレタス品種「フユヒカリ」を育成した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(畜産草地研究所)飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法と被害軽減対策マニュアルを掲載

2009年6月26日

近年、トマトやキクの栽培において原因不明の異常生育が発生する事例が全国的に報告され、原因を調査した結果、給与飼料および牛ふん堆肥から、国内では使用されていないホルモン型除草剤のクロピラリドが検出された。この被害軽減対策を目的に研究が行われ、その結果をまとめた「飼料及び堆肥に残留す … 全文を読む>>

(中央農業総合研究センター)地下水位制御システム(FOEAS)による大豆の安定生産マニュアルの紹介

2009年6月25日

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 大豆生産安定研究チームは、「地下水位制御システム(FOEAS)による大豆の安定生産マニュアル」を作成。水田としての機能を維持しつつ、高い排水機能と地下からの灌水機能を併せ持ち、地下水位を自由に設定できる地下水位制御シ … 全文を読む>>

(北陸農政局)平成20年度中山間地域等直接支払制度の実施状況

2009年6月24日

北陸管内で締結された協定数は、2,061協定。また、交付金が交付された農用地面積は、19年度から54ha増加し2万7千ha、交付金額は、19年度から1千3百万円増加し、45億3百万円となった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年花き卸売市場調査結果の概要

2009年6月23日

●切り花類 平成20年の花き卸売市場における切り花類の卸売数量は57億353万本で、前年に比べ2%減少。卸売価額は3,112億円で、前年に比べ8%減少した。 ●鉢もの類 卸売数量は2億7,889万鉢で、前年に比べ4%減少した。卸売価額は908億円で、前年に比べ9%減少した。 詳細 … 全文を読む>>

平成20年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量

2009年6月23日

●切り花類 作付面積は1万6,800ha、出荷量は47億2,600万本で、前年産に比べてそれぞれ430ha(2%)、1億300本(2%)減少した。 ●球根類 収穫面積は567ha、出荷量は1億5,700万球で、前年産に比べて収穫面積は3ha(1%)増加、出荷量は1,070万球(6 … 全文を読む>>

(食と農の科学館)「絵手紙展」の開催 -心を描き心を贈る-

2009年6月19日

食と農の科学館(農研機構運営)は、館内の「ほっとコーナー」で「絵手紙展」を開催。つくば市の市民グループの協力により、身近な野菜や花等を描いた大小様々な作品を60数点を展示する。 期間  :6月16日(火)~8月16日(日) 入館料 :無料 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(九州農政局)あなたの食生活 この機会にチェックしてみませんか?

2009年6月19日

九州農政局は、「食事バランスガイド実践週間」専用サイトで食事チェックを実施する。パソコンか携帯電話のいずれかから、専用サイトにアクセスし、年齢・性別・活動量等に続いて、1日分の食事内容について朝食・昼食・夕食の順に料理イラストを選択すると、即時に食事バランスチェックの結果が表示さ … 全文を読む>>

「農業経営の再生等に関する相談窓口」の開設

2009年6月18日

農林水産省は、農業の担い手の育成・確保に向けて、農業経営上の課題を抱える農業経営者の経営の再生等を支援するため、全国担い手育成総合支援協議会に無料の相談窓口を設置した。相談は、電話、郵便、インターネットにより、無料で受け付ける。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(全国新規就農相談センター)農の雇用事業 追加募集開始

2009年6月18日

農業法人や農家が新規就業者を雇用して研修を行う場合、研修にかかる経費の一部を助成する「農の雇用事業」の追加募集を開始する。6月26日(金)締切。 助成内容 : ●研修費用を月額9万7千円を上限に、最長12カ月間 ●新規就農者の住宅手当、通勤手当等を月額3万3千円を上限に助成 詳細 … 全文を読む>>

(畜産草地研究所)未利用カンショを活用した高品質豚肉生産技術

2009年6月18日

~カンショを配合した低リジン飼料で霜降りのある良質脂肪の豚肉を生産~ (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所は、規格外カンショやカンショ菓子の残さ(カンショ残さ)など、未利用カンショを肥育豚用飼料として活用し、高品質で特徴のある豚肉を生産する技術を開発した。この技術 … 全文を読む>>

(近畿中国四国農業研究センター)「研究成果の特集」に「病害虫関連(アブラムシ類の防除)」を掲載

2009年6月17日

近畿中国四国農業研究センターは、果菜類や葉菜類など多くの作物の重要害虫であるアブラムシ類の防除について、最近の研究成果や開発技術を集めて紹介している。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(九州沖縄農業研究センター)「有機物の地域内循環(窒素付加堆肥)」を掲載

2009年6月16日

環境に対する関心が高まり、環境負荷の少ない農産物生産システムの開発が期待されている。九州沖縄農業研究センターで行われている研究の中から、地域内の畜産農家と耕種農家の"耕畜連携"の仲介に役立ち、地域内の有機物循環にも貢献できると期待される最近の研究トピックスを、ホームページで紹介し … 全文を読む>>

平成21年度病害虫発生予報第3号の発表

2009年6月15日

農林水産省より、平成21年度病害虫発生予報第3号が発表された。向こう1カ月の主要な病害虫の発生動向についての予察および、病害虫防除に関する栽培管理について、解説されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(北海道農業研究センター)種なしスイカ生産のための「花粉長期冷凍保存技術」

2009年6月12日

―種なしスイカの省力生産を可能とする不活化花粉の保存技術を開発― 農研機構 北海道農業研究センターは、種なしスイカ用の花粉を1年以上の長期にわたり冷凍保存する技術を開発した。この技術により、これまで生産者が自ら調製していた種なしスイカ用花粉(寿命が短いため各自で作っていました)を … 全文を読む>>

(東北農政局)山形県鶴岡市七五三掛地区地すべり対策調査の実施

2009年6月11日

山形県鶴岡市七五三掛地区の地すべりについて、東北農政局は(独)農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所と連携して、山形県に対する技術的支援を行ってきた。このほど、地すべりが大規模であることが明らかになりつつあるため、対策調査を実施する。 実施時期 :平成21年6月5日(金)~ … 全文を読む>>

「農業用水緊急節水対策本部」の設置

2009年6月11日

西日本においては、少雨による農作物への影響が懸念されることから、渇水に対する迅速かつ効率的な対応を図るため、6月9日に農村振興局長を本部長とする「農業用水緊急節水対策本部」が設置された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農林漁業等向け融資 貸出条件緩和の状況について

2009年6月10日

農林水産省は、農林漁業等金融の実態把握と、金融円滑化の監視を強化する観点から、農協等系統金融機関による農林漁業等向け融資への貸出条件緩和の状況について、調査・集計を行い、結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年青果物卸売市場調査結果の概要

2009年6月 9日

●野菜 平成20年の青果物卸売市場における野菜の卸売数量は1,134万tで、前年に比べ1%減少。卸売価額は2兆1,420億円で、前年に比べ1%増加した。 ●果実 果実の卸売数量は435万tで、前年に比べ2%増加。卸売価額は1兆1,169億円で、前年に比べ6%減少した。 詳細はこち … 全文を読む>>

平成21年度日本農業技術検定

2009年6月 8日

農業界での就業を目指す人のための試験、「日本農業技術検定」の平成21年度第1回試験が、7月25日(土)に行われる。第2回は12月19日(土)の予定。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

第2回日本茶検定 申込受付中

2009年6月 5日

日本茶インストラクター協会では、「日本茶」についての知識を身につけ、奥深さ・魅力をより多くの方々に再発見してもらおうと、いつでも何処からでも受検可能な、インターネットによる「日本茶検定」を創設。このたび「第2回日本茶検定」の受付を開始した。受検料は3,150円(税込)。 詳細はこ … 全文を読む>>

平成21年産うんしゅうみかん及びりんご適正生産出荷見通し

2009年6月 5日

農林水産省は、うんしゅうみかん及びりんごについて、需要に即した生産と計画的な出荷を図るため、食料・農業・農村政策審議会の意見を聞いた上で、適正生産出荷見通しを策定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2009年6月 3日

1 結果樹面積 結果樹面積は4万8,300haで、前の裏年である18年産に比べて2,000ha(4%)減少した。 2 収穫量・出荷量 収穫量は90万6,100t、出荷量は80万7,700tで、18年産に比べてそれぞれ6万4,200t(8%)、6万4,500t(9%)増加した。 詳 … 全文を読む>>

平成20年産りんごの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2009年6月 3日

1 結果樹面積 結果樹面積は3万9,500haで、前年産に比べて400ha(1%)減少した。 2 収穫量・出荷量 収穫量は91万700t、出荷量は80万9,600tで、前年産に比べてそれぞれ7万600t(8%)、6万900t(8%)増加した。 詳細は >こちらから  … 全文を読む>>

(日本植物防疫協会)都道府県が設定している「要防除水準」を掲載

2009年6月 2日

社団法人日本植物防疫協会は、都道府県が設定している「要防除水準」をJPP-NETのホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成21年6月)

2009年6月 2日

6月の野菜の入荷量と卸価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 ●東北農政局 ●関東農政局 ●北陸農政局 ●東海農政局 ●近畿農政局 ●中国四国農政局 ●九州農政局  … 全文を読む>>

平成19年度都道府県別食料自給率について

2009年6月 1日

農林水産省は、各都道府県における食料自給率向上に向けた積極的な取組を推進するためのツールとして、入手可能なデータを基に都道府県別の食料自給率を試算した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(東北農業研究センター)平成20年度 研究成果情報を掲載

2009年6月 1日

東北農業研究センターは、平成20年度の研究成果情報を掲載。新品種の栽培技術などの情報が、多数掲載されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(日本植物防疫協会)化学農薬の天敵に対する影響情報一覧表を掲載

2009年6月 1日

社団法人日本植物防疫協会は、化学農薬の天敵類に対する影響につ いて、既存の文献を調査して得られた情報を、一覧表にまとめてJPP-NETのホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>